スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うだうだするのが好きなもので。

P4163892.jpg

今さ・ら・ら・ら・ながら4月に行った桜の旅の写真をば。

***
スポンサーサイト

森 ガ アリマス

P9200666-1 (650x487)

こんにちは。

携帯電話についての話ですが、僕は未だに二つ折のケータイを使用しております。スマホにしないのはお金がかかるのももちろんあるし、何も外でまでインターネット漬けにならんくても・・・という思いがあります。デジタルツールは僕ももちろん使うが、アナログな部分も持ち合わせて生きていきたい、これは個人的な趣味の問題です。

携帯電話は僕にとって、目覚まし時計としての役割がほぼ9割くらい占めていて、後は時々仕事とかの連絡用とその他という状態で、仕事の連絡手段として必要なければ別に携帯自体必要さえないと思っていますが、そういうわけにもいかないので一応持っているという状態です。

しかしプライベートではほとんどメールも電話もしないので月々の携帯料金は2000円くらいで済みます。知人にメールを送信した数は今年まだ20件しかないようです、我ながら大丈夫か?と思ったりするが、仕事先の仲間と、行きつけの店のオーナーと、旅先で会った人たちと話すので特段寂しいこともない。

スマホならなんだかんだと1万円近くするのではないでしょうか?月8000円浮けば1年で数万の貯金が。軽くリッチな旅が出来てしまうよ、それでもスマホを持ちたいか?と思うが個人の趣味なのでとやかく言うのは愚かである。

ただ一つ気になったのは小さな子供でも自分のスマホを持ち出すようになったことだ。携帯自体を持たすことはそれぞれ家庭の事情もあるだろうし、否定はしないが、さてガキンチョにそこまでのスペックが必要なのだろうか?

子供のころから便利なものを簡単に与えてしまうのは果たしていかなるものか?結婚さえほど遠い僕が言っても何の説得力もないが、世の中がますます便利になっていく上で、それを取捨選択していく力、便利さを失った時の対応力を身につけないまま大人になってしまうのじゃないだろうか。

全く使うなとは言わない。でも、子供がうつむいて小さな画面に夢中いなっているのも何か違和感を感じずにはいられない。

とまあちょっと思ったことを述べてみた。説得力は・・・無い^^;

でもこれからもぼくはガラケーを使いますよ、だってガラケー=ガラパゴス・ケータイの略なんでしょ?ガラパゴスっちゅーと南米系やで、ムイビエーン!ってね、それだけでテンション上がるよね笑


で、ここから本題(なぬ笑)

いや、そんな大した話ではない。ただ森に行きたいなーって思ってる話。

1763106114.gif

小学館から出てる老舗のアウトドア雑誌「BE-PAL」。本屋で立ち読みして面白かった月の分だけ買っている。

今回の特集はずばり「森」。

表紙の沖縄のやんばるの森の緑にまずやられてしまったが、中を開くと美しい日本の各地の森の写真がたくさん。

さらに各アウトドア人の森での遊び方をあれこれ紹介されている。

突然であるが、僕は「北欧の森」に憧れを抱いている。それは映画「かもめ食堂」の中で、日本かぶれのフィンランド人の若者トンミ・ヒルトネン(豚身昼斗念)が「(フィンランドには)森 ガ アリマス」と言ったのがきっかけで劇中にフィンランドの森が映し出され、その美しさに心惹かれてしまった。

さらに僕はとある写真集と出会い、さらに北欧の森に関心を示すことになる。その写真集はNHKのドキュメンタリー番組の原点にもなった、フィンランドで最も美しい本の賞にも輝いたその写真集は、

「フィンランド・森の精霊と旅をする」
treepeople_cover_240.jpg

という。詩的で抒情的な森の写真と、森と生き物達と共に生きる現地の人たちの様子を文章と共に紹介している。僕はますます北欧の森に憧れを抱き、いつか訪れたいと願った。

しかし今回「BE-PAL」を見てフと思った。考えれば日本なんて森だらけ。おそらくこれだけ小さな国土に森が多い国というのも珍しいことであろう。そうか、森は近くにあったのだ。北欧の森とはまた雰囲気は違うけど、日本の森はとても素敵なのだ、それは僕も知ってある。

なんだか俄然、森に行きたくなったのだ。もちろん日本の森にである。

僕は登山の知識はまるで無いので、一人で山を登る勇気はないが、自転車でも道の横から森を眺めることは出来る、森の緑に、澄んだ空気に癒されればそれで十分だ。

今度、森を訪ねる旅に出よう。近場なら奈良・吉野かな?緑をたくさん心と体に取り込んでやるのだ。

ついでに「森」関連でもうひとつご紹介、アンサリーのCD&BOOK「森の診療所」です。

SXJ_ann_mori_digipack (650x650)

僕もね、将来この人のように自然に生きていけたらな、と思います。音楽もエッセイも美しい静謐と程よい湿気に包まれております、是非。

http://www.songxjazz.com/release/森の診療所%20...featuring%20Ann%20Sally%20.html

明日はいよいよ予防接種♪(ドキドキ笑)

P9200664-1 (650x487)

始まりは Como estas? Muy bien!

P2283124.jpg

自転車珈琲バカ、ようやく動き出す、の巻。



基本、直前にならないと動き出せないタイプなのですが、ようやく腰を上げる気になったようです、もちろんもっと早く動けるタイミングはあったはずですけど。

その第一段として、わたくしスペイン語の勉強を始めることにしました。

いや、勉強といったって「勉強」といえるレベルかというとそうではない気もするけど、知らないよりは知っておいた方がというレベルでですね^^;

「語学」というと、「ギター」と同じくらい多くの人が志し、そして挫折していくものだと思います。

僕も割りと色んなことには興味を示して試してはみるものの、残るものと残らないものは当然あるわけで、残ったものは自分の中で「本物」なんだなと思います。それは「写真」であったり「珈琲」とか「自転車」とかね。

で、語学となると僕の性格上「残らない」方の、たぶん集中力続かずいつしか消え行く志の一つになろうもんなんですけど、なんせちょっと切羽詰まってきてるもんで、そうなったら集中力も出てきちゃうわけで、たぶん。

で今日本屋さんでついに教則本を買いました。文法より会話に重点を置いたやつ、これ重要。

開いてみたのですが、これがもしかしたら楽しいかもしれない。単語の読み方も割りとそのまんま読めるのが多く、もしかしたらけっこうとっつきやすいかもしれない。なんかね、ワクワクするの、これ重要!

まあ今日とりあえず覚えたのは簡単な挨拶「Hola!」「Buenos dias!」とか、

Como estas?(ごきげんどないよ?)

Mui bien!(めっちゃエエ感じですがな!ファンキー802やで!)

みたいな会話のやり取り。(ファンキー802は気にしないで下さい^^;)

まあ他にもやること色々あるのですが、まあうまいことやってみようかと思っとります笑

P2253120.jpg


Pagination

Utility

プロフィール

アマガエル♪

Author:アマガエル♪
自転車に乗って、旅して、撮る。

自称「自転車カメラニスト」のアマガエルです。

旅と日常を写真と、時々文章とともに綴ります。

◎カメラ
・OLYMPUS OM-1
・OLYMPUS E-5
・OLYMPUS E-620
・FUJIFILM NATURA NS
・VOIGTLANDER BESSA R2A
・SEAGULL 4A-107

◎自転車
・ARAYA RANDONNEUR RAN
・DAHON BOARDWALK

ご意見や、撮らせていただいた写真のデータちょうだいとかございましたらメールください。
goldhill_mino@yahoo.co.jp

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。