FC2ブログ

10月29日 45日目 「旅人の聖地へ」錦江町―佐多岬―錦江町

1大阪ー鹿児島 (77)


宮崎から鹿児島に入りました。宮崎の都井岬の手前から鹿児島の串間に抜けるまでが、吐きそうなくらいきついアップダウンが続いた。天気はすこぶる良くて、ずっと行ってみたかった都井岬は丘に野生馬がいて、丘と馬さんと海という素晴らしい景色だった。

串間、志布志と西に進み、鹿屋を通り、大隅半島を横断する形で錦江湾にたどり着いた。鹿屋あたりを走っている時、横を幼稚園バスが通っていったが、バスの中の園児達がみんな僕に手を振ってくれていて僕も振り返した。子供は可愛いと思うけど、コミュニケーションのとり方がよく分からない僕ですが、こういうのはなんか嬉しい。

錦江湾沿いを南へ下り、日が暮れてきたころ、海辺の公園でキャンプした。海辺を散歩していた地元のオジサンとベンチに座り、錦江湾の水平線にまん丸オレンジの夕日が沈むのを心静かに眺めていた。

そして本日。いよいよ九州の最南端、佐多岬に向かうのです。

旅人は「最果て」が好きだ。「最果て」というと妙にカッコイイが用は「さきっぽ」のこと。時間を気にしない自由な旅に出たならば、さきっぽはやはりおさえておきたくなる、これはオセロではしっこをとっておいた方がゲームが有利になるのと同じかもしれない(違うやろ)。そんな鹿児島の佐多岬はやはり旅人に大人気の場所で、日本縦断をすれば、北海道の宗谷岬から鹿児島の佐多岬を結ぶコースで旅している人が多いように思う。

錦江湾沿いをさらに南へ下る。ある集落を越えた所から本格的にアップダウンが始まる。しばらく行くと海の近くの集落にたどり着いた。ここまで来ると大きな街からかなり離れていて、よくこんな所に住んではるな~と正直思ったもんです。

この近くに無料のキャンプ場があって、今回は利用しないけどちょっとどんな感じがのぞいてみると、昼間からラーメンを作っていた旅人らしき人物がいて、近づくとなんと別府で会った自転車人のアラキだった。これから沖縄方面に向かうらしくまたどっかで会うかもしれない。

いよいよ最南端へ最後の道が始まった。元々自転車は通れない有料道路だったらしいが、シェルパ斎藤氏の功労(?)により自転車も通行できるようなったとかいう話を「BE―PAL」で見た気がする。ここの道はなんちゅーか凄かった。植わってる植物がやたら熱帯地方。押し付けがましいぐらいのこの南国ムードが妙に面白い。坂道はさらに凄みを増していく。「最果て」への道は伊達じゃない。うねうねと曲がるワイディングロードに必死でくらいつく。思わず、旅に出る前に見たツール・ド・フランスのゴールまで延々と坂道を登るステージを思い出した。自分もツールの選手になった気分で歯をくいしばって登る。そして佐多岬の駐車場までたどり着いた。
「き、来た・・・。」自転車で行けるのはここまででここからは徒歩で岬まで行く。そこから歩いて、九州最南端の佐多岬にきた、来たーーー!!!景色は・・・キレイけど普通。「最果て」に来た、という事が大切なのだ。感慨深い。

1大阪ー鹿児島 (80)


その後、元来たみた道を錦江湾沿いに北上していく。佐多岬周辺では何人かの自転車の旅人とすれ違い、挨拶を交わした。やっぱり旅人の「聖地」なんやなあ。
昨日キャンプした海辺の公園を通りすぎる時、昨日夕日を一緒に眺めたおっちゃんを見つけて挨拶した。そしたらおっちゃんが、
「また会おやー!!」と返してくれた。杖をついてちょっとヨボヨボしたおっちゃんやったから、おっちゃんそんな大きい声出るんや(笑)ってちょっと驚いた。ホンマまた会いたい。

長々とした日記になってスイマセン。これだけ書いて一番印象に残っているのは実は上のおっちゃんのシーユーアゲインだったように思います(笑)

1大阪ー鹿児島 (76)
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kaerusound.blog.fc2.com/tb.php/13-16827efb

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

アマガエル♪

Author:アマガエル♪
自転車に乗って、旅して、撮る。

自称「自転車カメラニスト」のアマガエルです。

旅と日常を写真と、時々文章とともに綴ります。

◎カメラ
・OLYMPUS OM-1
・OLYMPUS E-5
・OLYMPUS E-620
・FUJIFILM NATURA NS
・VOIGTLANDER BESSA R2A
・SEAGULL 4A-107

◎自転車
・ARAYA RANDONNEUR RAN
・DAHON BOARDWALK

ご意見や、撮らせていただいた写真のデータちょうだいとかございましたらメールください。
goldhill_mino@yahoo.co.jp

カウンター