FC2ブログ

Tour of the Alps 5 安曇野

PB083503.jpg

5日目 11月8日 晴れ

この旅のテーマは「アルプス山麓の旅」であり、「太平洋から日本海へ抜ける旅」でもある。

しかしこの旅の2日目にしてヒザを痛めてしまい、一時先行きが危ぶまれたが、

日本海まで行けなくても、あの場所だけは、何としても!なんなら電車を使ってでも行きたい!あそこに行かなければ、この旅に出た意味がない!!

その憧れたおした場所こそ、ここ安曇野なのである。

今日はこの安曇野をじーっくり回ろうと思います。

朝から日が暮れるまで安曇野を自転車で散策しましたが、それはもう、景色の美しさに終始ため息をつくばかりでした。

もはや文章を書くのは野暮とも言えるので、写真をご覧下さい。



***

まず長野と言えば「リンゴ」ですね。大阪人はリンゴの木を見たことがないので大興奮です(笑)

スキャン0021

スキャン0032

PB083472.jpg

安曇野にはフラットな盆地が広がり、両サイドは山脈が盆地をはさむように南北に伸びている。

安曇野には憧れていたが、下調べはほとんどしていない。適当に走って、直感に頼って道を選ぶ。さすれば素敵な景色はおのずとあらわれる。

そんな安曇野の素敵ロード。

PB083495.jpg

PB083517.jpg

PB083480.jpg

PB083541.jpg

秋を感じるのは何も木々の紅葉だけではない。足元を見れば、小さな植物もそれぞれに秋を迎えていた。

PB083508.jpg

スキャン0025

スキャン0026

スキャン0020

↑の先に赤い穂がついた草は「吾亦紅(ワレモコウ)」。

私は野草が好きで、中でも吾亦紅を野草の写真集で見た時から自生している姿を是非見てみたかったのですが、大阪を含め関西、いや、日本一周をしてもなお、ワレモコウには出会ったことがなかったのだ。

今朝、「地球宿」を出て道をはさんで、すぐ前にある畑になんと、

「ワ、ワ、ワ、ワ、ワレモコウ生えてますやん!!」

てな感じであっさり発見。おそるべし安曇野!!(畑で「栽培」されていたものなので「自生」とはちょっと違うかもですが^^;)


今日は空も綺麗であります。

PB083493.jpg

爺様や婆様も日向ぼっこを楽しんでおられます。

PB083497.jpg

「地球宿」は西側の山麓に位置する。その地球宿からすぐ近くに県道25号線、いわゆる「山麓線」と呼ばれる道が山の麓を南北に走り、ゆるやかな高低差があるので走りながら景色が微妙に変わっていく様が面白い。

山麓線にはアートギャラリーやかわいらしいパン屋さんやカフェなどが立ち並ぶ。

さらにしばらく行くと、ある所から道は両サイドを林に囲まれる。

さあ、その林がこの晩秋の季節、まるで魔法をかけたような信じられない美しさを見せているのです。何色あるのかもは数え切れないくらいの色彩の嵐。あーもうこれこそ口で言うのが野暮ってもの。どぞ。

スキャン0024

スキャン0027

スキャン0033

スキャン0034

スキャン0028

あいやー、とんでもないですな。

その色彩の林の中の珈琲屋さん。

PB083527.jpg

スキャン0030

「カフェ書翰集」

家具や雑貨を並べただけの女子が好みそうなカワイイだけのカフェは好まない。

純喫茶も嫌いではないが、純度が高すぎるとこれまたしんどい。

落ち着いた空間の中に、多少のブルースとジャジーな遊びが効いた空間を持つ珈琲屋さんが好きなのだ。

ここはまさにそんな感じの所だった、アヒー。


ところで「あの景色」は見ときたいなーいう場所が一つありまして。

その景色は、ある観光スポットの中にあるそうなのです。

山麓線を離れて東へ直進。穂高駅を越えてさらに東。

たどり着いたのは「大王わさび農場」

文字通りの「わさび」の農場です。ここは何が素晴らしいかって「入場無料」な所です(笑)

わさびが生えているのを見るのも初めてです。なんつってここは規模がデカイ!

PB083547.jpg

PB083566.jpg

そしてお目当ての風景がコチラです。

PB083573.jpg

黒沢明監督の映画でも使われた水車小屋の風景です。

映画は見てませんが、安曇野を代表する景色なので、おそらく雑誌かテレビかで見てキレイだと思ったんでしょう。

PB083554.jpg


水彩画の絵の中に佇んでいるような清らかな心地になる、水と里の暮らしの風景でありました、スバラシ☆


やがて日も傾いてきたので宿に帰ります。

ここまで宿に泊まっても朝・夕ともにコンビニ飯ばかりでしたが、「地球宿」では朝・夕ともに食べさせてもらうことにしました。

なんつってオーナーの望さんが育てた畑の野菜を使った料理が出るというんだから食べないわけにはいかない!

ちなみに2食付きで5000円でとてもリーズナブルです。

昨日の晩は合鴨農法のカモの鍋でした、カモさんありがとう美味しかったよ。

宿泊者は昨日も今日も僕一人。

昨日は望さんとサシで鍋をつっつきましたが、

今日は望さんのご家族と一緒にお食事させていただくことになりました。

お爺ちゃんの趣味の競輪トークが炸裂して面白かったです。ちなみにこの日は豚カツでした、もちろん美味しかったです^^

夕食後、望さんの知り合いの農家さんやそこで働く若い子達が集まりコタツ談義をして、温かく楽しい夜を過ごしました。

PB093583.jpg




***

数年前、NHKの朝ドラをチラ見した時から僕の脳内「旅リスト」に安曇野が加わったのですが、

テレビで見た美しい風景への感動は、現地に来てさらにはるか越えた輝きを持って僕を出迎えてくれました。

安曇野大好きです。次来るなら田植えの季節に来たいかな^^

PB083576.jpg
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kaerusound.blog.fc2.com/tb.php/146-6148a38d

Comment

増田望三郎@安曇野地球宿

素敵な写真、そして人柄が感じられる文章。
安曇野記がアップされるのを楽しみにしていました。

ワレモコウ。

この花の名前と姿を忘れることはないでしょう。
ありがとう。旅人さん。

地球宿 望三郎
  • URL
  • 2012/11/28 12:08

アマガエル

>望さん

安曇野はどこを撮っても絵になりますね~。

ワレモコウがあんな近くに生えてるとは驚きでした(笑)次は自然に生えてる姿を見てみたいものです。

続編もボチボチ公開していきますのでよければまたご覧下さい!望さんの写真イイ感じに撮れてたので次回掲載させていただくかもしれません(笑)

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

アマガエル♪

Author:アマガエル♪
自転車に乗って、旅して、撮る。

自称「自転車カメラニスト」のアマガエルです。

旅と日常を写真と、時々文章とともに綴ります。

◎カメラ
・OLYMPUS OM-1
・OLYMPUS E-5
・OLYMPUS E-620
・FUJIFILM NATURA NS
・VOIGTLANDER BESSA R2A
・SEAGULL 4A-107

◎自転車
・ARAYA RANDONNEUR RAN
・DAHON BOARDWALK

ご意見や、撮らせていただいた写真のデータちょうだいとかございましたらメールください。
goldhill_mino@yahoo.co.jp

カウンター