FC2ブログ

U・M・E・T

スキャン0009 のコピー

今回の旅のテーマは「梅を愛でて、春をお先に感じちゃう旅ィィ!」です。

さて、行き先は前から気になっていた関西屈指の梅林、奈良は北部にある月ヶ瀬です。

普段は一人旅を好む私ですが(まあ友達が少ないのもあります笑)今回は珍しく高校からのダチを連れての二人旅。

さー果たして梅は見れたのかー?はじまります。


***


午前8時前、待ち合わせの駅にて今日の相方・taku-changとおちあう。

ちなみにこの日は金曜日。ゴリゴリの通勤通学ラッシュを横目に見ながら自転車をバラす私達。(一応二人とも働いてます)

自転車を輪行する際、気を使うのが都会の通勤(帰宅)ラッシュ。なんせバラして袋に入れた所でそれなりに大きな荷物なので、迷惑にならないよういろいろと気をつけなければならない。

謙虚に各駅列車の一番端っこの車両のそのまた端っこに気持ちだけちーっちゃくなりながら天王寺までのラッシュをなんとか乗り切る。

天王寺から奈良方面の関西本線に乗り換え。


加茂駅から再び乗り換え。伊賀上野駅へ。ちなみに加茂~亀山間は関西でも屈指のローカル線。ワンマン車両は山に囲まれた渓谷を走り、なかなか雰囲気あります。(列車は1時間に1本くらいしかないのです^^;)

スキャン0001


伊賀上野到着、自転車組み立てていざ出発!!

スキャン0002


駅から少しこぎだすと、すぐにあたりは田んぼが広がるのんびりとした景色に変わった。

今日は天気こそ良いが、走り出しから強烈な向かい風が行く手を阻む。

そしてそいつはすぐにやってきた。

はぁぁぁ、ハークッション!!

わたくし、花粉症です。

知っていながら花粉の宝庫に飛び込むという、まあアホですね。いや、正直かなりなめてました。すごいです。

花はムズムズ、目はシパシパ、くしゃみは出るは、向かい風で進まんは、この時は「今回の旅は失敗か?」と後悔するほどのツラさだった。(ちなみにタクちゃんも私の後ろであえいでいました。)

スキャン0004

↑アハハ、花粉がむき出し!って笑えません・・・。


それでも根気良く歩を進めると本日のメインの月ヶ瀬に到着。

沿道に梅の木が・・・って咲いてねえ!!

今年は寒かったので開花が遅いようです。観光協会のホームページでも「咲き始め」というのは知ってはいましたが、ここ2~3日は暖かかったのでどうかな?と思っていたのですが・・・。

月ヶ瀬の街を走っていると、沿道の食堂の前で「草もち」を売るおばあちゃん。

花を見ずしてまずは団子に走る私達。食堂にあるストーブで軽く温めたもちをほおばると、コレがうまい!!

スキャン0006

もちがやわらかくて、あんこが程よい甘さで、ストーブでついた軽い焦げ目の食感もたまらなく美味しい。草もちでこれだけ感動したのは初めてかもしれない。

スキャン0007


草もちですっかり気をよくした私達は店のおばあちゃんともまったりトークして、月ヶ瀬のメイン観梅ルートへ。

坂をいくらか歩くと突然現れた景色にハッとした。

スキャン0008

なーにー!?伊賀から月ヶ瀬に来るまで坂はのぼってきたが、こんな高い所にいたとは!!

さっき見てきた場所は梅もほとんど咲いていなかったが、ここにきてチラホラとではあるが、5分咲きから中には満開に近い木が現れるように。

スキャン0009

早咲きの蝋梅(ロウバイ)はちょうど見ごろで華やぐ黄色は幸福感に満ちている。

全体的にはまだ「つぼみ」か「咲き始め」の木が多いが、数少なくも咲いている可憐な白やピンクの花々を見ているだけでなんだかとても嬉しい。

スキャン0010

しかし集落全体になんだかお伽話の世界のような、不思議で穏やかな空気が流れているのである。

スキャン0011


草もちの次に手を出したのは串コンニャク。

スキャン0005

これがもうブリブリの食感で、かみ締めるほどにダシと味噌の旨みがジュワーっと口の中に広がり、思わず頬がゆるんでしまう。

スキャン0015

昼食を済ませ、草もちのおばあちゃんにも手を振って、なんだかとっても楽しかった月ヶ瀬を出発する。ちなみに今年の見ごろは20日ぐらいかなーという我々の予想です。満開になったらすごいやろな~。

月ヶ瀬を出発するとすでに午後3時。まだ全体の工程の3分の1くらいしかきてません、走るぞー。

奈良の県道4号線を西へ。細かなアップダウンが続き、楽な道ではないが個人的には楽しいレベル。

道沿いは茶畑が多い、「大和茶」というブランドだそう。

スキャン0012

柳生の里に到着、予定コースの3分の2まで来た。

この柳生の里が言葉では上手く表現できないのだが、なんか「イイ」のだ。(もっと考えて下さい笑)

月並みな言葉でいうと「日本の原風景」というのか、初めて来たのに懐かしいような心地になる。夕暮れのオレンジ色を帯びた山里は優しい空気に包まれていた。

スキャン0013

スキャン0014

柳生で小休止した後、夕日を正面に浴びながら国道369号線をゴール目指してひた走る。

夕日が沈んだころ、本日のゴール・奈良公園に到着。

ここからはノープランだが、とりあえず東大寺の前まで行ってみた。

さーて、「ならまち」で珈琲でも飲んで帰るかなと思ったころ、ぞろぞろと観光客の団体が公園に入ってくる。

なんでこんな時間に?つめこみツアー?せわしないねえ。

なんて思っていたが、団体はさらにぞろぞろ、個人の人たちもみんな一定の方向へ歩いていく。

なんで??・・・・・おお!!そういやあの場所のあの行事って確か今頃か!?そうだとしたらめちゃくちゃラッキー。

すごいことやから!!とタクちゃんを諭して、行列についていく。

人の流れはある場所にたどり着いた。その場所は「二月堂」。やっぱり!!

奈良公園内の二月堂でこの時期行われる伝統行事「お水取り」である。

1200年も続く奈良の春を告げる歴史深い行事。

見上げるほど高い所に作られたお堂の外側に面した回廊を、長い棒の先についた轟々と燃える松明をお坊さんが掲げ、花火を散らしながら回廊をかけ走る。(祭りの由来とかは他サイトに任せます^^;)

ニュースで見たことはあるが生で見るのは初めて、すごい迫力!!

写真も撮りましたが、まだ現像(フィルム)できてないのでまた今度。とりあえずyou tubeをご参考に。

http://www.youtube.com/watch?v=VIt216vVtJ4

奈良駅から輪行して帰宅、おつかれした!!

***

いやー今日はなんか色々と上手くいった楽しい旅やったなー、花粉以外は笑

梅はたくさんではないけど綺麗やったし、草もち、こんにゃく、柳生の里、そして極めつけはお水取り、タイミングよすぎ。

次はいよいよサクラですね^^



名称未設定 1 のコピー
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kaerusound.blog.fc2.com/tb.php/192-8983ac77

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

アマガエル♪

Author:アマガエル♪
自転車に乗って、旅して、撮る。

自称「自転車カメラニスト」のアマガエルです。

旅と日常を写真と、時々文章とともに綴ります。

◎カメラ
・OLYMPUS OM-1
・OLYMPUS E-5
・OLYMPUS E-620
・FUJIFILM NATURA NS
・VOIGTLANDER BESSA R2A
・SEAGULL 4A-107

◎自転車
・ARAYA RANDONNEUR RAN
・DAHON BOARDWALK

ご意見や、撮らせていただいた写真のデータちょうだいとかございましたらメールください。
goldhill_mino@yahoo.co.jp

カウンター