FC2ブログ

風薫る、緑と里の旅

P5077040.jpg

春の海でのたりのたりしたかった僕は行きたい海へのアクセスを調べて、その電車賃と時間に愕然として今回は泣く泣く目的を変えることになったのだ。(いや、そんな大した金額ちゃうんですけど。)

海の変わりといってはなんですが、今回は旅に「温泉」を加えてみることにした。そう決まると海のことは忘れてワクワクが止まらなくなった。

目的地は奈良の洞川温泉(どろがわおんせん)。山の中にある温泉地で、電車で近くの駅まで行ってそこから自転車で目指すことにする。帰りは同じ道を下って駅に戻る。

洞川温泉へは北から入る際、国道309号線を使うのが一般的だが、僕はあえて道幅の狭い「険道」とも言われるマニアックな道をたどっていくことにした。

先に結果を言えば道が途中から工事のため交通止めになり、結局温泉にたどり着かず、来た道を帰って終了になってしまったが、それなりに道中が楽しかったのでご紹介しましょう。

ほんでははじまり。



***




P5076942.jpg

近鉄・下市口駅をスタートする。道はすぐにローカル感満載。沿道には古い家屋の商店や種苗店などがズラっと立ち並んでいる。飾らない古さというか、ずっと前からこんな感じなんだよって、生活感が匂ってきそうなこの感じ、グッとくるな~。写真家の尾仲浩二さんとかが好みそうな風景だと思う。

さて、洞川温泉に向かうには国道309号線を使うのが一般的だが、僕は県道48号線(後から出てきますが2013年5月時点は通行止めで通り抜け不可でした)という道を選んだ。309より距離が短く、ツーリングマップルによると「好景観道路」とのことである。

行く前に下調べしすぎると面白くないが、出発前に我慢できずネットでその道のことを調べると、その道は車もすれ違いできないほど狭く、おまけにかなりの激坂らしく、標高差で1000mもあるらしい、ひょえー。

国道とは思えない険しい道を「酷道」。県道はそのまんま「険道」ってなるね、日本語ってすごい笑


shimo5.jpg

その険道を進んでいきます。下市の集落を抜けて緑が多くなってきたが道はいたって穏やか。

5月の爽やかな陽光と新緑が心地よく僕を包んでくれる。


P5076973.jpg

P5076977.jpg

道沿いには春の野花が気持ち良さそうに揺れていた。

ハルジュオンの原っぱに僕はしばし立ちすくみ、ここはもしかして楽園なんちゃうかな?とそんなことを思った。

P5076992.jpg

走っていると、お、シャガやん。

P5076948.jpg

射干「シャガ」アヤメ科の花。上品な浴衣のような清楚で趣ある野花である。

僕はこの花はもともと好きで、和風の庭にそっと一輪二輪と咲いているようなイメージを持っていたのですが、

どわ!!


P5076995.jpg

なんと林の一面に全部シャガ!!こらおったまげたね笑

shimo3.jpg

この後もずっと道沿いにはシャガが群生していた。いやー贅沢。杉林の木漏れ日と白い花々が視界をゆっくりと流れ、なんとも涼しげである。

shimo4.jpg

杉の木立は蒼く静謐の世界を物語っていた。

地蔵トンネルの脇道にある湧き水をペットボトルに汲んで飲んでみた。冷たくて体全体澄みわたるような美味しさだった。水の違いが分かるほど繊細な味覚は持っていないが、美味い水は美味いのだ。きっと風を直に感じて、自分の足で進んでいく自転車旅だからこそ味わえる感動もひとしおなのである。

P5077005.jpg

shimo1.jpg

さて、ほどなくして黒滝村に到着した。

ここまで上り坂ではあるが、そこまで大した勾配でもない。これからが本番かな?

気合を入れて進みだすと道沿いに看板が、何か嫌な予感・・・。そこにはこう書かれてあった。

「県道48号線、崩土のため全面通行止め。洞川温泉まで通り抜け不可。洞川までは国道309号線へ迂回して下さい。」

なんやてー!?まあそんなこともあるんちゃうかなって思ってはいたがホンマにそうなるとは。

距離と時間的に今から309で洞川まで行って日帰りはかなりキツイ。なので温泉は諦めざるをえない。く、くやしす!

まーしゃーないねーってなって黒滝村の集落にある神社の階段に座って持参のおにぎりとパンで昼飯。

集落で出会った、グランマとマドモワゼルと楽しくアフタヌーントーク。

さーそろそろ帰りまっか。来た道をそのまんま戻っていく。

P5077028.jpg

だいぶ下ってきた。水田は早くも稲が植わっていて、ケロケロと心地よいkaeru soundが聴こえてくる。

P5077042.jpg

夕暮れの光が村を優しく輝かせている。僕は幸せな気持ちになる。

P5077048.jpg

夕日が沈む前に近鉄・下市口駅に到着。

電車を待っている間、A-copeで買った3割引コロッケと半額の焼きそば(計230円)を食べる。

この世のどれだけ高級な食事よりも美味いと思った、そんな高い飯食ったことないけどね笑

体を使って、五感で旅を楽しんで、食べるものは何でも(レストランの料理でも自分でにぎったおにぎりもコンビニのパンでも)美味しくなる、色んな物事に感動できる自転車旅って本当に最高だと思う。

お金はないけどね、なんかこう物であふれている世の中だから、もっとシンプルで大事にしたい世界を僕は知っている。僕はこれからもこっち側でいたいし、そんな世界に気付いてくれる人がもっと増えてくれたらイイなと思う。

だから僕はもっとなんらかの形で発信していきたいなと思う。それが自転車カメラニストの役目かと思う。

なんちゅーて。

実はもっと女性サイクリストが増えてくれると嬉しいのにと思っていたりする。(おい笑)

今回も楽しい旅でしたー。
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kaerusound.blog.fc2.com/tb.php/221-feb5dcaf

Comment

犬山にゃん太郎

いいっすなあ、良い旅してますねえ^^

日常をめぐる旅、そして小さい発見 、いいです。

時々、(高級な)こんなもの飲んだ、(高い)こんなもの食べた!そんなものを載せている「見栄はるでねえ、バカヤロー。」ブログもありますが、
僕はアマガエルさんのブログ好きです、いつも今回はどんなカッコウでアマガエルさんは登場だろうと楽しみしてます^^

まりこうた

うーん。。海じゃなくても、温泉じゃなくっても、とびっきりの楽園をたびされてこられたのですね。
わくわくやじわじわが、いっぱい伝わってきました。^^

アマガエルさん、花の名前くわしいのですね~。
ハルジュオンも、シャがも、知りませんでした。。
「ハルジオン」って歌が、BUMP OF CHICKENにあったかな。。?とか・・(笑)

とにかく、いい写真をまたありがとうございました♪

あ、通りぬけフープも、ありがとうございました♪♪

*まりこうた*

アマガエル♪

にゃんたろうさん

自転車もカメラも日常にひそむ小さな喜びを見つける遊びですよね^^

まあ美食もたまにはしてみたいかなと思ったりしますが、その「たまに」が実行されたことがほとんどありません^^;

土地の名物を食べるのも旅の楽しみですよね。新潟はやはりみかづきのイタリアンが印象的です笑

いやーこんなつたないブログをお褒めいただきありがとうございます。セルフポートレートも作品作りの一つと思って気合入れてますから笑

アマガエル♪

まりこうたさん

植物はけっこう好きですねー。野草から園芸植物、街路樹とか草木の名前を覚えると植物と友達になれた気がするのです。

図鑑とかその類の写真集を家でニヤニヤ愛読しています、まあこれも一種のオタクですね笑

ハルジオンはバンプの曲であった気がしますねえ。都会でも咲く強い花なのでその辺歩いていると今頃はいっぱい見ることができますよ。けっこう可愛らしい花です^^

むらまさ

あえて!知ってても!それでも!険道に突っ込むニャンチュウさん、さすがです(笑)
ツーリングマップルの好景観道路…僕はすすめられると見てみたくなる性分なんで、ノーマル道と紫道があったらやっぱり紫道を選んじゃうんですが、そこはオートバイク用の地図。とんでもない激坂だったりほっそい道だったりするんですよね(;・∀・)

通行止め残念でしたね。ぼくなら「まーしゃーないか」と諦めきれずに温泉まで行っちゃって帰れなくなってべそをかくっちゅうオチでしょう。「全面通行止め」って言葉も意外とわからないもので、自転車が通れるぐらいのスペースはあったりしますね。もちろん完璧に通れないケースがほとんどですが(笑)
  • URL
  • 2013/05/17 22:27

アマガエル♪

むらまさくん

激坂って知ってちょっとビビったけどね、むしろ余計ワクワクしちゃって笑

まーツーリングマップル過信して自転車で行くと時々痛い目合うでな。自転車雑誌で推奨してるのは見たことがない。でもやっぱりツーリングマップルが一番イイんよね~。旅OFFのときでも愛読しまくりやし笑

いやー温泉は残念!まーねーヘタに行って迷惑かけるとあかんしなー。
去年秋の諏訪湖温泉以来ザッツ温泉!みたいなところ行ってないからねー。次は1泊で和歌山の龍神温泉行ってみるかな、こっちもチョー激坂やけど^^;

ぐり

こんばんは


標高差1000mへ挑もうとしたんですか・・
まず、そこがビックリで尊敬の眼差し・・・(笑

温泉は残念ですが結果的にはやっぱりこの道で正解だったんでしょうね。
あまりよく調べずに出たとこ勝負っていうのはやっぱり楽しいですよね。
自分もいつもそんな感じです。ただ大外れもありますが(笑

奈良の山里の素朴で美しい雰囲気がとっても伝わって来ました(^^)

アマガエル

ぐりさん

こんにちは。最近、500mアップは当たり前になってきました。まあこげなくても押してりゃ着くやろーみたいな。

写真撮るのがメインなので無理なコース設定はしないですしね〜。

それでも「こんなにキツイとは!」って時々やられることはありますが笑

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

アマガエル♪

Author:アマガエル♪
自転車に乗って、旅して、撮る。

自称「自転車カメラニスト」のアマガエルです。

旅と日常を写真と、時々文章とともに綴ります。

◎カメラ
・OLYMPUS OM-1
・OLYMPUS E-5
・OLYMPUS E-620
・FUJIFILM NATURA NS
・VOIGTLANDER BESSA R2A
・SEAGULL 4A-107

◎自転車
・ARAYA RANDONNEUR RAN
・DAHON BOARDWALK

ご意見や、撮らせていただいた写真のデータちょうだいとかございましたらメールください。
goldhill_mino@yahoo.co.jp

カウンター