FC2ブログ

夏のお寺はシャラ・ラ・ラ・ラ 〈後編〉

P7128632.jpg

風鈴を求めて奈良・橿原の「おふさ観音」を出た後の続きの話です。

もうここからは風鈴の話題は0です笑

***

さてとー、風鈴の買い付けはここまででこっからどうしよ?ま、適当にこいでみますか。奈良公園にでも行ってみるかな?

っとそういや昼ごはん食べてないわ。

暑いからマクドでも行って涼みながら一番安いハンバーガー(と、水ね笑)でも食べるのがイイけど、マクドどこあるか知らんし、街に行くのも何だかね。

お寺を出て、思うがままに北へと進んでいると視界が開けてきて辺りは田園風景に囲まれた。

P7128620.jpg

イエ~~~緑!!

ちょうど近くにコンビニ。田んぼの真ん中に良さそうな木陰を見つけた。パン買って遅めのお昼休憩。

P7128625.jpg

今日もむちゃくちゃ暑いけど、どこか大阪のどぎつい暑さとは違う。

そりゃそうか。コンクリに覆われ囲われの街中と、水田に囲まれた田舎じゃ爽やかさが違うに決まってる。

サンダルで旅するのが気持ちイイ季節でもある。

自転車旅において、サンダルだったら足の保護という点では良くないが、今日みたいな平地のポタリングにはちょうどイイ。

まったりと休憩した後またこぎ出す。

ところで「水曜どうでしょう」という番組では、藤村ディレクターが

「旅は国道より県道!!」と言い放ち、国道よりも県道の方がローカルで良い景色に巡りあえる、と言っている。

また、NHKBSでやってる「こころ旅」という番組で、火野正平さんが自転車で走る道は明らかに県道にも満たない地元の人しか通らないようなマニアックな道がよく映ります。

ああいう道は広域な地図では絶対載っていないと思うけど、イイ画を撮るために番組スタッフが事前に調べたりして走ってもらってるんだろうなと思う。目的地に着くだけだったらもっと国道、県道を素直に使った方が道としては分かりやすい。まあそういう車の少ない、あるいは車は通れないような細い道だと安全面もイイということを兼ねてのことかもしれません。

まあ何が言いたいのかと言うと、

地図や主要道路に頼らず、方角だけを頼りに思いつくがままの道を走ってみるのが楽しいのだ。

山ん中だったら道は限られてくるから国道や県道を走ることになるけど、

奈良みたいな盆地を走る時には辺りは田んぼばかりだから、そこかしこに農道といった名も無い道がたくさんあって、その中の気に入った道を走ればイイのだ。奈良盆地には電車も張り巡らされてるからいつでも輪行できるし、目的地が合っても頭の中にコンパスは入ってるからそうは迷わない。迷ったら本物のコンパス出したり人に聞いたり。

こういう地元の人達の生活道路を僕は「マニア道」と呼ぶ。「マニア道を突き進め!」ってね、どっかで聞いたことあるような^^;

まあ本気で迷ってもアレなんで、旅慣れてない人はマニア道は程々に。

P7128636.jpg

大和三山の一つ、香久山の近くに来ました、ちょっと小高い道からの奈良のまほろばの景色が心地よい。

P7128644.jpg

橿原からつらつらと北東にこいでいくと桜井市に来た。

三輪山が近いので三輪そうめんの看板が出てきたりする。

さらにマニア道を求めて進むと「山之辺の道」の道標に出会った。

「山之辺の道」とは奈良~桜井をつなぐ日本最古の幹線道路と言われている。天理~桜井間はキレイに整備されて、神社やお寺、古墳など歴史に触れながら、のんびりとした田園風景をつなぐ観光できるウォーキングコースとしても有名。

ここは歩いて踏破したことがありますが(天理~桜井間は15kmほど)、ついでなので自転車でたどってみることにした。

P7128664.jpg

アスファルトの舗装路もあるが、けっこうダートや石畳、階段まであったりするし、地面が柔らかい場所もあるのでタイヤの轍をつけるのもあまりよろしくないので、そういう所は自転車を降りて押して進む。

P7128671.jpg

はあはあ。しかしさすがに暑いわ。4時をまわって一時の暑さよりはマシになったが、もう5時間以上も外出てる訳やし。

さっきから軽く頭が痛くて、呼吸が少し浅い。これって軽い熱中症やんかーい。

手持ちの水分が少なくなってきた。まあ割と近くに国道走ってるので自販機くらいあると思うが。

とその時、道中に救世主登場!

P7128655.jpg

ベンさん!!

(↑ベンディングマシーンの略称)

ポカリを買って水分補給、冷たい缶を額や首筋にあてると効果絶大。一気に元気を取り戻した。

山の辺の道は全く一直線ではなく、右に左にクネクネと小さな交差点の連続で何度も道標を見失いそうになる。

するとあるところから道がいかにもな山道に入っていった。

こんな道あったっけ?ここまでの道は「山の辺の道」と言いながらけっこう山からは離れているし、今いる場所はまさに「山の辺」の道という感じで雰囲気はイイ。ただ数年前の記憶から疑問点はあるが、しばらくそのまま進んでみることにする。

P7128673.jpg

そのうちまた田んぼみたいな所に戻るだろうと予想していたがどっこい、どんどん山に向かっていくし、道の草は深くなるし、さっき「マムシ注意」の看板みたけどオレめっちゃサンダルやし・・・って完全道間違えてますな、ハイ。引き返しました^^;

P7128679.jpg

↑この辺りで「こらちゃうよね~。」って思った。早よ気付こよ^^;

また山の辺の道に戻ってきた。北に向かいたいわけで別に山の辺の道にこだわらんでもエエんですけど、ここまでくるともう意地というかなんというか。

ゴールは天理の石上神宮(いそのかみじんぐう)と決めた。

P7128682.jpg

田園の中を進む。あたりはオレンジ色に包まれて、今日の農作業を終えて談笑する野良着のオバチャン達の脇をあいさつを交わしながら通り過ぎる。

P7128686.jpg

夕日が山に沈んだころ、ようやく石上神宮に到着。何気に達成感笑

P7128697.jpg

ゆっくり夜のカーテンが降りてくる中、先に帰った夕日に続いて「今日の仕事は終わり。」と西の山への帰路に着く月を見た。

天理駅より輪行、本日の旅終了。


***


今回たまたま寄った山の辺の道ですが、天理~三輪間は自転車ではあっさりですが、ちゃんと歩くと15kmというのはなかなか達成感があるし、田園風景や農村の集落の中を通るのは無論楽しいし、歴史が好きな人はなお楽しめるでしょう。

今回のゴール地点の石上神宮は神社仏閣にさほど興味がない僕もとても好きな場所で、森林の香りが漂う境内は厳かで由緒ある空気があり、若冲の絵に出てくるような鶏たちがコッココッコと歩き回ってたり。

また今回は行かなかったけど三輪の大神神社(おおみわじんじゃ)も荘厳な佇まいは見事です。お店で三輪そうめんを食べるのも楽しい。

まあ山の辺の道を歩くなら夏以外をオススメします。暑いからね笑

おふさ観音から風鈴が入荷したと電話があった。またとりにイカネバの娘。

P7128666.jpg
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kaerusound.blog.fc2.com/tb.php/240-9f4742ed

Comment

さめ

ピンクのタマゴってなんおタマゴ?

アナタ、次の画像で
親を握ってるぢゃあ~りませんか(笑 @ポール牧風
  • URL
  • 2013/07/16 23:06

アマガエル

みたいですね^^;しかも寄生虫もってるそうなので触らない方がイイそうです。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

アマガエル♪

Author:アマガエル♪
自転車に乗って、旅して、撮る。

自称「自転車カメラニスト」のアマガエルです。

旅と日常を写真と、時々文章とともに綴ります。

◎カメラ
・OLYMPUS OM-1
・OLYMPUS E-5
・OLYMPUS E-620
・FUJIFILM NATURA NS
・VOIGTLANDER BESSA R2A
・SEAGULL 4A-107

◎自転車
・ARAYA RANDONNEUR RAN
・DAHON BOARDWALK

ご意見や、撮らせていただいた写真のデータちょうだいとかございましたらメールください。
goldhill_mino@yahoo.co.jp

カウンター