スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊野 天空と水を巡る旅 最終回 ここが居場所

P7259015.jpg

紀伊半島の旅、ようやく最終回を迎えます。旅は1泊2日の予定がまさかの3日目に突入。

30kmの行程をさぼったツケが2日目に響き、ゴールの白浜に着いたものの電車が間に合わず、その日は大阪に帰れず。さらに野宿場所が見つからず駅前で不眠のオールナイトを敢行。

さて、後は大阪に帰るだけ・・・。


***


長い、長い夜が終わった。

せっかく白浜に来たのだから温泉や海を楽しみたかったけど、昨日感じたアウェー感をこの時まだひきずっていたし、温泉までは数kmこがないといけないのに、この寝不足はさすがに危険と判断して今回は白浜観光はやめておくことにした。

白浜が嫌いになったわけではない、タイミングが悪かったのだ。ホントは「崎の湯」も白い砂浜のビーチもすごく楽しみにしていたのだ。また来よう。

自転車をバラして袋に入れる。改札を通る前に、昨晩ずっと駅前をウロウロしていた2匹のニャンズにも挨拶をする。

わたし「ほんじゃあね。」

P7258992.jpg

ニャンズ「んえ?あ、あぁん、眠いんやわ。」


わたし「ではまた。」

P7258994.jpg

ニャンズ「はい、どーも。白浜良いトコ、またおいで。」

改札をくぐると朝の白浜駅のホームは爽やかだった。

P7259000.jpg

さて、このまま大阪に帰りたいのですが、一つ心配事があった。

この白浜発和歌山方面行きの普通列車は始発でも午前7時前。大阪に帰るには和歌山駅を通らなければいけない。和歌山駅は県庁所在地のあるところだ。つまり都会。今日は平日、朝の都会に向かう列車、すなわちコレ通勤列車。

そこに自転車とカバン3つかついで乗り込むわけ、ヤバイよね、チョーめいわくだーね。

かといって通勤時間が終わるまで白浜にいてるのも、もうさすがにやることないししんどい。

ひとまず電車に乗り込んで、様子見ながらどこかの駅で中継して、少しそこで時間をつぶしてから帰る方が無難かな?

さて、いざ電車に乗り込む。

すると座席はさすがにうまってるものの、思ったほど混んでいない、というか大阪の昼間の電車くらいのレベル。

御坊を過ぎても混む気配はない。とりあえず海南あたりは和歌山市の手前だから、それより前の湯浅駅で一旦下車。

湯浅は昔の街並みを残す、醤油作りと漁港の町。時間をつぶすための途中下車ではあるが、ついでだから楽しんでいくことにするか、ってゆうか最初からその目的だったんですけどね^^;

今回の旅は熊野の海から始まった。じゃあやっぱり締めくくりも海でしょうってことでまずは港へ。

FH020036.jpg

和むねえ。やっとホントの意味でゴールした気がする。おつかれサントス。

さーて、そんじゃあ街ブラしにいくかあ!ってオレ寝てないのにめっちゃ元気笑

湯浅に来るのは3回目、とてもお気に入りの街なのだ。

湯浅は醤油発祥の地として知られている。その昔、中国から持ち帰った技術で味噌を作ったところ、気がついたら醤油のもととなる液体ができていたらしい。

なので湯浅に来たら老舗の「角長」さんで絶対に醤油を買っている。

P7259023.jpg

ここの醤油は本当に美味しい。刺身につけるのがベストだけど、冷奴や贅沢だけど料理につかっても最高。

またブラブラとする。いつも出会うワンコに今回も会えた、元気そうで嬉しい。馴染みの魚屋のオバチャンとも目があって、どーも、と挨拶する。また後で寄ります。これまたお気に入りの喫茶店は11時から開店か、まだだいぶ時間あるけどどうしよう。

P7259036.jpg

それにしても、なんて落ち着くんだろう。自分の居場所に帰ってきたという感じだ。白浜は素敵なところだとは思うのですが、今回の旅のスタイルには大きなホテルが並ぶリゾートより、こういう素朴な場所がお似合いなのだと思う。

P7259027.jpg

『俺にはこういうのがお似合いなんですよ。』(「孤独のグルメ」井の頭五郎のセリフより)

P7259042.jpg

ニャンズもいるにゃん。

今日は朝からイイ天気、喉が渇いたぜえ。

素敵な昔街に合う飲み物といえば、

P7259032.jpg

ウィルキンソンでしょう。適当ですけど笑

魚屋に行く。

わたし「こんちはーす。」

オバチャン「あいよー。今日も自転車かいー。」

わたし「シラスが欲しいんやけどね。」

オバチャン「もうちょっとしたらお父さんが湯がきたてのやつ持ってくるから中でお茶飲んどきやー。」

っと、中入ってちゃっかりお茶もらってまっせ、この人。

P7259037.jpg

P7259038.jpg

シラス持っておっちゃん帰ってくる。ちょいと味見させてもらう、ウマウマ。帰ったらアツアツご飯にシラスと青じそ刻んだんのっけて湯浅醤油かけてシラス丼やね。

焼きサバも買わせてもらって保冷バッグでお持ち帰り。

P7259043.jpg

P7259045.jpg

オッチャンとオバチャンに礼を言って魚屋を後に。さて喫茶店は・・・もうちょいか、今回はイイか。ボチボチ帰りまっか。

ゆっくりと駅に向かう。また自転車をバラす。旅の最後に湯浅に寄って本当に良かった。満ち足りた心で電車に乗る。

P7259055.jpg

和歌山駅で最後の乗り換え、の前に立ち食いうどん。

P7259057.jpg

行きしなの電車で読んでいた「恐るべきさぬきうどん」でも、

「出張で帰りに乗った宇高連絡線(2013年夏現在、今はこの航路は違う会社が運営)の船の中で食べる、ブチブチ切れてコシはないし、ダシは化学調味料使ってるあのうどんがたまらなく旨いのである。」

とあるが、激しく同意。立ち食いうどんにハイクオリティを求める必要はない。「風情」「旅情」「家まで我慢できない空腹感」これらが立ち食いうどんの隠し味といってもいい。うどん屋には余計なお世話な話かもしれないが笑

紀伊半島横断してきました、言うたらうどん屋のおばちゃん「どっしぇー」驚いてはりました。

さあ帰る!家に着くまでが旅。さすがに疲れて最後の電車は立ちながら何度寝落ちしかけたか笑

地元にたどり着き、今回の旅を無事終えたのであった。


***


紀伊半島横断となってどれほど山深いか覚悟してましたが、今回のルートに関しては勾配もそれほどで割と走りやすかったです。もちろん初心者にはオススメできるコースではありませんが笑

熊野古道を歩いてみるのも面白そうです。山歩きの経験ある方求む!しかし僕のまわりにはアウトドア好きっていないんですよね^^;

全5回にもなってしまった長い日記を読んでくださったみなさまありがとうございました。しばらくは短い写真日記にしようと思います^^



route.jpg
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kaerusound.blog.fc2.com/tb.php/248-0c22a050

Comment

あり~

お疲れ様でした。
と、好きでやったことに対して「お疲れ様」と言ってしまうのもどうかと思いつつも、それに替わる適切な表現を見つけられられず、ついつい遣ってしまいました。
まぁ、最後はお気に入りの湯浅町で良かったですね。
まだ私には立ち食いうどんの旨さがわかりませんが・・・(^^;
記事を見て私も久しぶりにロングライドに行きたいと思いました。

アマガエル

ありーさん

たぶん僕が逆の立場だとたぶんお疲れ様って言うと思います笑 まあ普通の旅行と違って体力使ってなんぼの旅ですから。ただ旅に癒しを求めるのが一般的でしょうが逆にしんどいことやってるっていう矛盾。まあ苦労した分だけ見える景色もひとしおですよね♪

たまには美女を連れて優雅に温泉旅行とかやってみたいですな、まあないでしょう^^;

立ち食いうどんってあんま食べはりませんか?グルメがどうとかいう世界ではないですが、僕はなんか好きですね。

是非またロングライドを♪涼しくなってからの方がいいかと^^;

かにゃーお

初めてじっくりとブログを拝見させてもらいました。

写真が非常に良いと思いました。


掲載している写真のサイズが平均より大きく
写真の構図なども考えておられるんだなぁと感じます。

私のへたくそな写真をこんなにおっきく掲載したら、
ヘタさが目立ってしまうんですよね(笑)
  • URL
  • 2013/08/12 05:47

~ヒデアキ~

紀伊半島の旅、いっぱい楽しませて頂きました。^^

駅で一晩過ごされた時のアマガエルさんの様子が
何故か脳裏に浮かんでしまいました。

疲れと安堵の中で物思いにふける駅を・・・。

シラハマのにゃんことも仲良くなれたようですし
娘に出会うのは次の楽しみにとっておきましょう(#^.^#)

ほんとに素敵な旅でしたね、めでたしめでたし。

ちゃっかり自分が旅した気になったりしてます。 <(_ _)> 






  • URL
  • 2013/08/12 23:05

アマガエル

かにゃーおさん

こんにちは。こちらこそちょくちょく見させてもらってます。僕も1、2年後に同じようなルート通る予定なのでワクワクします。

僕の場合旅に行く目的は写真をとりにいくのが大きいです。

イイ構図の写真だけがイイ写真であるということはないと思うんですけど、風景写真ではバランス良い構図が心地良い印象を与える要素の一つかとは思います。

ファインダーの中で、心地良いと思うバランスを探すことが重要です、メインの被写体をどの位置に、どのくらいの大きさで撮るのか、また地平線と空の比率をどれくらいにもってくるか、ここだと思えるバランスを見つけたらシャッターをきってみて下さい。

聞かれてもないのに、すいません。なにかの参考になれば。

引き続き良い旅を(・ω・)ノ

アマガエル

ヒデアキさん

長い日記読んでもらってまことお疲れさまでした^^;

僕もイイ加減イイ年して何やってるんだろと思いながら、僕よりもっと年上の旅友達も社会人ですが、休みの日にはちょくちょく野宿で旅しているのらしいので、まあ迷惑かけてるわけじゃなかったらイイのかなと思ったり、なんやかんやたのしいですから笑

猫のしっぽばかり追いかけて、人間の女性はさっぱりであります^^;

しばらくは日帰り旅にしますー。

さめ

湯浅・・・
なんともひなびた漁港感がとても良いですねぇ
最近はドコも観光地化されちゃって
人イパーイ、車イパーイで空気が乱されてる感じがする

良い旅を経て、また次の良い旅に思いを馳せる

あぁ、旅に出たいぞ(*´Д`)b
  • URL
  • 2013/08/15 09:14

バリカン

シラス丼いかがでしたか?青ジソも大活躍なようで♪(笑

OM-1は日本一周もお供したんですか?
年季の入った感じが良いですね、フィルター枠凹んじゃってますけど♪
相棒、って感じがします(^^。

コチラも徐々に触発されてきまして、長らく部屋で眠っていた、
ロードレーサーの整備を始めました。
消耗品をぼちぼち交換して乗ろうと思います、って、
もうチョイ暑くなくなりましたら・・・(笑。

アマガエル

さめさん

湯浅は観光地化されてないですねー。家はけっこういっぱいあるのにコンビニないですから笑

ひなびた漁村といえば、兵庫の室津にもう一回行ってみたいです。小さな食堂に入ったら小さいカウンターだけで、炊いたシャコやら魚やらが大皿にたくさん盛られていて、ご飯食べたいんですけどーっていったらオバチャンが大皿からガツガツとって、白飯と一緒にはいっと渡してくれたあの豪快さ。

じっくり散策はしなかったんですが、なんか素朴でイイ雰囲気ありましたよ。

あとは瀬戸内海の小島の猫とたわむれたいですな(´・Д・)」

アマガエル

バリカンさん

青じそ餃子作りましたよ。月並みな感想ですがさっぱり!で美味かったです♪

om-1は日本一周の時もっていきました。メインはフジのナチュラ使ってたので出番は少なめでしたが。フィルター枠はまさに旅中に歪んでしまいました、見たまんまですけどフィルターつきませんねん笑

自転車生活再開おめでとうございます^ ^
僕も8月中はツーリングはやめとこうと思ってます。我慢できずにいっちゃいそうな気もしますけど笑 関西で涼しくはしれる所がないもんか思案中です。


Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

アマガエル♪

Author:アマガエル♪
自転車に乗って、旅して、撮る。

自称「自転車カメラニスト」のアマガエルです。

旅と日常を写真と、時々文章とともに綴ります。

◎カメラ
・OLYMPUS OM-1
・OLYMPUS E-5
・OLYMPUS E-620
・FUJIFILM NATURA NS
・VOIGTLANDER BESSA R2A
・SEAGULL 4A-107

◎自転車
・ARAYA RANDONNEUR RAN
・DAHON BOARDWALK

ご意見や、撮らせていただいた写真のデータちょうだいとかございましたらメールください。
goldhill_mino@yahoo.co.jp

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。