スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今再び、あの場所へ

スキャン0005

7年前、運命とも言うべき相棒と出会って、初めて目指したあの場所へ、再び。

***
スキャン0004

スキャン0003

スキャン0001

スキャン0007

スキャン0006

スキャン0002


今回目指すのは淀川にかかる赤川仮橋。

この橋は貨物線が走る横に、わずか幅1mほどしかない歩行者が渡れるスペースがあり、毎日地元の人が行き交い、また鉄道ファンが貨物列車を撮りににぎわう地味ながら珍しく面白い橋なのである。

僕が今も愛用しているランドナーを買って、初めて目指した場所が赤川鉄橋だった。

その赤川仮橋も、2013年10月末をもって歩行者は通れなくなる。貨物線をやめて複線化して旅客を乗せた新しい路線を作るらしい。

思い出ある場所をもう一度見ておくため、僕は自宅から街の中を自転車で走り出した。

しかし正直言えばあまりノリ気ではなかった。大阪の町を走るより田舎を走らせたい気分だった。しかし今いっとかねばもう見ることはできないので行くことにした。

しかしそんな気分で走り出したからか、街は僕にイイ顔をしてくれなかった。

あびこ筋を走っていたが、沿道は商業施設が多く、業者の車が複雑な動きをしてくるのでとても走りずらい。そして車道を走る自転車のマナーも悪い。

ストレスがたまるのであべの筋へ移動。こちらも路駐はあるが、住宅街が多いのでまだ走っていてシンプルだ。

帰りに寄るつもりだったが、よく行くドーナツ屋さん「あたりきしゃりき堂」で休憩。

そのまま谷町筋を北へ進む。今まで何度も走っているが、どうも今日は街の気分ではなかったようだ。どんどん気分も下がってくる。

天満橋まで来たところで少し停まると、薄く色づいた夕暮れの川面の向こうに青いビルが立ち並ぶ景色を見て、街もイイのかな、と少し持ち直す。

地図を持たずに来たので、迷い迷って、ようやく赤川仮橋にたどり着いたころには、すっかり空は暗くなっていた。こんな時間だから人も少ないだろうと思ったらどっこい、まず橋の入口に鉄道ファンがびっしり。そして普段通りであろう、地元の人達が通学や通勤で静かに忙しく往来していた。

自転車は置いて、歩いて向こう岸まで行き、また帰ってくる。

相変わらず面白い橋だなと思う。思い出の場所に来て、ノスタルジーがあるかといえばそうでもないけど、あの頃と変わらず、いや、前にも増して自転車のことを好きになっているのが単純に嬉しい。

この日はけっこう冷えたが、2時間ねばって貨物列車を通るのを見て帰ることにした。疲れたので天六から輪行して帰りました笑

グッバイ、赤川仮橋。新しく生まれ変わって旅客線となるのは5年ほど先のことだそうだ。


***

街ブラは天王寺くらいまでが楽しいかなー。大通り走らなくても色んな道の選択肢があるし。

この日記を書いた本日は、知り合いの店のDMの制作を頼まれてパソコンの前で半日格闘(ド素人ですけど)

あさってはその出来たDMを自らポスティングしてきます笑

そして、来週くらいにはいとこの結婚祝いを買いに信楽へ行くぜ、田舎が、たぬきが、オレを呼んでいる!

そしてさらに、鯖街道に行く日程も確保!いやいやいやいやいや楽しみですねー^^
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kaerusound.blog.fc2.com/tb.php/263-067bf1d1

Comment

まりこうた

ずっと愛用している自転車で、はじめて目指した思い出の場所。。
そこがなくなるのは、さみしいですね。
鉄道ファンのひともみんな、さみしいだろうけど、
そこが日常生活のひとかけらになじんでいた地元の人たちはまた、特別なさみしさを持っているんじゃないかなぁ。。と思いました。

街はかわってゆきますね。
でもただ変わってゆくのじゃなく、持ち運ばれてゆく変わらないものがあって、
きらきらとちらばって重なってゆくだけのような気もします。

自転車をもっと好きになっていることがうれしい!
かぁ。。
自転車も、アマガエルさんのこと、きっともっと好きになってますね♪

*まりこうた*

バリカン

自転車以外の相棒は、OM-1ですか?(^^

ソコソコまで輪行されるかな、なんて思ってましたので、
何はともあれ、事故もなくほんと、何よりです。

平日の市内はやはり、走りにくいですよね。
せっかく始まりの場所を目指しているのに、
サドルに跨がった脳ミソは、ダウナーなbadtripを感じてる、
そんなアンビバレンツがちょっとセツナかったかな、などと感じます。

でも、貨物見れて甲斐ありましたやん、しかもまた逢魔が時に。
あーあ、僕も、闇の中に鳴るレールの音を、聴いてみたかったな(^^。

アマガエル♪

まりこうたさん

見慣れた風景がなくなるのはさみしいかもしれません。

しかもここの場合、橋がなくなると1kmくらい迂回しないといけないので、よく通っていた人にとっては残念でしょうね^^;

僕に使われる道具は果たして喜んでいるのかどうか、

酷使というほど使いたおしますからね笑

服なんかもいまだに中学生から着てるやつもあるし、

メンテナンスしたり繕ったりしながらさすがにもうムリという所まで使うことが多いです。

ま、ゴミは少なめで地球にはよろしいのかな?もっと消費して経済まわすのに貢献しろって感じですが笑

アマガエル♪

バリカンさん

カメラとしての相棒はやはりOM1と50mmレンズですねー。色々使ってもやはりコレに帰る気がします。

いや、バリカンさんは毎日街中を走っておられるだろうから、こんなこと書いてどうよ?と思ったのですが、素直な感想も出しておきたかったので。

とはいいながら難波くらいまではちょくちょく自転車で往復してます。

貨物待つのはけっこう大変でしたよー。寒いし、何時来るのかよく知らないし(誰かが話しているのをチラっと聞いたぐらいで)、付近コンビニやトイレないし、携帯の充電切れて今何時かも分からないし笑

家族連れとかもけっこう来ていて夜でしたが、なんかあったかい空気があってそれは居心地良かったですね。

テッチャンの皆さんは次の日のお別れイベントに備えて電車見る前に撤収していきました、もうたぶん何回も貨物を見たんじゃないでしょうか。「じゃあ、また明日。」みたいなことを仲間に言ってました、彼らの行動力はすごいですね笑

犬山にゃん太郎

いいな、行ったんですね。
この赤川仮橋、ブログ等で拝見していいなあと思ってました。
とはいえ大阪だしと思っているうちにとうとう見られなくなってしまいましたね。

玉出といい、看板といい、大阪って刺激的な街ですよねえ^^

アマガエル♪

にゃんたろうさん

こちらの故郷をそう言ってもらえるとなんか嬉しいです。

人が多い分、色々な考え方や大阪人の気質とかが、ゴチャついた都会や下町の路地裏などに現れ、それが面白いですよね。

ただ、大阪は人に紹介するときどこに連れていったら喜ばれるかと考えると悩みます。特産物とか有名なみやげ物ともないですし、

その点そちらは自然が豊かで美味しいものがたくさんあって田舎の風景が好きな僕としてはとてもうらやましいなあと思います。

僕の実家は大阪に関わらず田んぼが多いところなので、自然と、街の刺激に育てられて今の自分の感性があるんだなと最近思います。

まあでもイイですねえ、そっち方面。行きたいけどなかなかアクセスが^^;

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

アマガエル♪

Author:アマガエル♪
自転車に乗って、旅して、撮る。

自称「自転車カメラニスト」のアマガエルです。

旅と日常を写真と、時々文章とともに綴ります。

◎カメラ
・OLYMPUS OM-1
・OLYMPUS E-5
・OLYMPUS E-620
・FUJIFILM NATURA NS
・VOIGTLANDER BESSA R2A
・SEAGULL 4A-107

◎自転車
・ARAYA RANDONNEUR RAN
・DAHON BOARDWALK

ご意見や、撮らせていただいた写真のデータちょうだいとかございましたらメールください。
goldhill_mino@yahoo.co.jp

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。