スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷えたサンドイッチとぬるめのコーヒーのお味はいかに

P2172877.jpg

やっと日記を書ける余裕がでけました。

今年はお初となるランドナーでのツーリング、さてどんなもんでしたでしょ。

***

さて、そろそろ自転車をこぎたくなってきたな、とツーリングマップルを開いてみる。

しかしだ、どこを走ればイイのか思わず考えてしまうのだ。

というのも日帰りで輪行して行けるところかつ興味の沸く道は大概走ってしまっているので、正直「ネタ切れ」なんだと思った。同じ道を走ってもそりゃあ楽しめるんだけど、やはり新しいルートを開拓したいものである。

早起きしたら滋賀とかちょい遠くに輪行してみるのもアリかと思うが、最近はボチボチ忙しいし、まず滋賀までの電車代も頭痛いし。

春になったら花が咲いたり緑が濃くなったりで近場でも景色変わって色々選択肢も出てくるだろうに。いやはや走りたい気持ちは満タンなのにどこを走ってイイか皆目検討がつかないのだ。

そんな時、本屋さんで「アウトライダー」というツーリング系のバイク雑誌をチラ見すると和歌山は紀ノ川の近くの農村の風景に思わず心を惹かれてしまった。

てことで今回は和歌山県の北側に位置する橋本から東へ走り、奈良の明日香あたりまでを目指してみる。

P2172819.jpg

南海高野線でガタコトと電車に揺られながら和歌山県へ南下。暖かい車内からは窓辺の光が優しく感じられた。

橋本の1コ北の「御幸辻」駅で下車。昨年春の「桃の花ツーリング」でも利用した駅である。

家出るのも遅かったし、思ったより電車の連絡が悪く3回くらい車両を乗り換えたため、自転車を組み立て、走り出した時にはすでに2時をすぎていた、う~んいつも以上にスロースタート。早くも明日香まで行けない気がしてきた笑

P2172823a.jpg

最初に見つけたコンビニでパン買って軽い腹ごしらえ。

建物の壁に背中を預け、紙コップに入ったアツアツのコーヒーを一口すすると、目の前には青い空が広がっているのにハッとしたように気がついた瞬間、僕は今旅に出ている感覚を強く覚え、妙に嬉しくなった。

別に目的地まで着かなくてもイイ、長い時間走れなくてもイイ。知らない土地に来ているこの新鮮な感覚がひとときでも味わえたなら、その旅に出てよかったといえるのである。

いよいよ本格的に走り出す。

だんだんと街を離れて、山のきわを沿うように走る道はゆるやかなアップダウンを帯びていて、冬だというのに暑くなってきて、首に巻いていたマフラーやてぶくろを脱いでみると、キリっとした冷たい風がほてった体をほどよくかすめていく。

この日の2、3日前は大阪でも積もるくらいの雪が降り、大阪ではすっかり溶けていたが、さすが田舎では道の脇や山肌にまだらに白い雪化粧を残していた。

P2172828.jpg

やがて景色は開けてきて、柿だろうか桃だろうか、果樹の木が植わった小さな丘がいくつも現れて、こういうのはいかにも和歌山らしい風景だと思う。

P2172835.jpg

バイク雑誌「アウトライダー」で見たのもおそらくこの辺りの景色のはずである。自転車を停めて振り返るとこんな景色。

P2172837.jpg

エエもんですなあ、と思いながらゆるゆると走らせていると、県境の看板は無かったように思うが、いつのまにか奈良県に入っていたようである。

奈良は五條までやってきた。さて、明日香まで明るいうちに着くのは難しそうだ。もう少し東へ走り、今日は吉野のふもとの下市という街で旅を終えることにしよう。

五條から下市までは吉野川沿いに走る南側の県道をチョイスしてみた。走る前からイイ道であろうとは思っていたが、結果的にはやはり正解だったようである。

P2172844.jpg


傾き始めた太陽からオレンジ色の光を浴びながらしばらく走っていたが、序々に山が辺りを囲い始め、光は遮られたかと思うと、和歌山での穏やか景色からは一変、辺りはまた白い雪景色へと移り、ひやりとした空気が身を包む。

P2172845.jpg

まだらに残る沿道の雪景色を楽しみつつ、僕はずっと探していた。

そしてその場所をようやく見つけることが出来た。

僕は探していたのだ、家で作ってきたお弁当を食べる景色の良い場所を。

それがここなのである。

P2172856.jpg

雪の無いあぜ道を探して座り込み、自家製のサンドイッチとコーヒーの入った水筒を広げる。

キャベツとウィンナーのカレー炒めと、たまご焼きを挟んだミミ付き豪快な「漢(おとこ)」のサンドウィッチだ。

コーヒーは家の近所のよく通っている焙煎の店の「南十字星ブレンド」をドリップして水筒に入れてきた。

P2172875.jpg

ガブリとかぶりつく。冷たいし、なんかしんなりしている。

コーヒーを飲む。ちょっとぬるい。

されど、美味いのだ。自転車を降りて、この雪景色の中だ。正直けっこう寒いが、このブサイクなサンドイッチとコーヒーが美味くてたまらない。誠にハッピーなのである。まあコーヒーくらいはもうちょい熱いほうが良かったが・・・笑

P2172870.jpg

P2172851.jpg

残りの数キロをこいで、近鉄・下市口駅で輪行して大阪へと帰った。帰りの車内、温かい缶コーヒーを両手で包むように持ち、一口すするとじんわりとお腹にしみこんだ。

***


という今回の旅でした、次はちゃんと早起きしよう笑

さて、なんだかんだもう2月も終わりですがな。えっもう3月。北海道行きがせまってますよー。

早ければ今年秋には大きな動きに出ようと思っているのですが、こう時間が経つのが早いと、オホホ。まだ何にも準備してないし^^;

まあまあいつものくだりでカプチーノでも笑

P2212952.jpg

P2253025a.jpg



言うてるうちに梅も見ごろになるやろね。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kaerusound.blog.fc2.com/tb.php/284-809a591c

Comment

犬山にゃん太郎

新しく変わったトップ、電車のオジさん、小いさな丘の雪風景、

お決まりのセルフ撮り、いいですぜ (>ω<)。。。感動

バリカン

早起きししよ、このセリフって、デジャヴ、でしょうか?(笑

にしてもガッツリスロースタートですね(^^。
でもやはり、旅って心の状態、のことを指すと思いますから、
旅情とか感じられれば、それだけで立派な旅、だと思います♪

で、アウトライダー、まだ出版されてるんですね・・・。
あの写真はズルい、と思う(笑。
見てたらめっさ行きたくなりますもんね、その場所に。
僕はもう買うこともなくなりましたが、
過去に訪れた土地の特集号とか、メロメロになった状態で、
今も手元に残してあります(^^。

アマガエル

にゃんたろうさん

雪景色はそちらにはかないません笑

道の雪は溶けていたので、ほどよく雪景色を楽しめて良かったです。1日早ければえらいこっちゃだったかもしれません。

和歌山と奈良で景色、雰囲気が変わったのが面白いですね^ ^

アマガエル

バリカンさん

現地に行くとなんだかんだと楽しく、もっと早く出れば良かったと毎回のように後悔してる自分がいます。でも休みの日に、出かける前コーヒー飲みながらダラダラ準備してる時間が好きだったりもするからしょうがありません笑

ツーリングルートばかり載ってる自転車雑誌があればイイんですけどね。新製品の情報なんか、いらない。都会ライドの情報もいらない。都会近郊のルートを越えて、輪行するだけでも大変な秘境を旅するルートや酷道を紹介してる雑誌があれば、行けなくても見ているだけで楽しめそうですですが、なかなかありませんね笑

その点アウトライダーは真面目にツーリングルートを紹介してくれるので旅情もあり楽しいですね。

さめ

アウトライダー誌の編集者もずいぶんと変わりました
最初のころの丁稚さんが今の編集長だったりするんですよね
んで、巨匠と呼ばれる初期アウトライダーのカメラマンさんが須藤さん
このオッサンなかなかおもろい人で年1回長野でキャンプしながら一緒に飲んでますww
ってか、私の周辺は初期のアウトライダーパソコン通信グループだったりします
んで、その須藤さんの本がこちら
日本百名道
http://grand-touring-japan.travel.coocan.jp/roadofjapan/index.htm

中古で400円くらいから手に入りますので一冊いかがでしょうか?
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%99%BE%E5%90%8D%E9%81%93%E2%80%95%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E9%81%93%E3%80%81%E5%A0%82%E3%80%85100%E9%81%B8-%E9%A0%88%E8%97%A4-%E8%8B%B1%E4%B8%80/dp/4278041071

思いを馳せるのに足る写真でありますよー(*´ω`)
  • URL
  • 2014/02/28 01:09

さめ

しまった
最初のリンク先は知らない人のコトでした
スドーさんのはここでした
http://www.ramble.net/sudo/road100/

http://www.ramble.net/sudo/ga01ro/index.html

よろ(^^ゞ
  • URL
  • 2014/02/28 01:17

アマガエル♪

>さめさん

そんな老舗な雑誌なんですね。バイクより自転車な僕がその存在を知ったのは北海道を旅した時に重宝した0円マップがキッカケで初めてアウトライダーという雑誌があることを知りましたが、実際本誌を手にしたのはごく最近のことです。

本屋で立ち読みした程度なのでざっくりとしたイメージしかありませんが、「旅すること」を真面目に真剣に楽しんでいるような印象を受けました。

「ツーリング」という行為は「レジャー」としてだけでなく、文学的であったり芸術的であったり、時に精神的であったり、多様なことを感じさせてくれるのが僕が思う「旅=ツーリング」なのだと思うんです。

アウトライダーからはそんな空気を感じました。なんかこっちよりの気がして、またがるものは違えど、すれ違いにライダーピースを交わしたような、ちょっと嬉しい気分になります。

須藤さん、僕も知ってます。
「自転車人」という割とツーリングよりの自転車雑誌があるのですが、BD-1という折りたたみ自転車で東北あたりの風景を撮った写真がグラビアで何枚か掲載されており、その美しさに唸ったことがあります。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

アマガエル♪

Author:アマガエル♪
自転車に乗って、旅して、撮る。

自称「自転車カメラニスト」のアマガエルです。

旅と日常を写真と、時々文章とともに綴ります。

◎カメラ
・OLYMPUS OM-1
・OLYMPUS E-5
・OLYMPUS E-620
・FUJIFILM NATURA NS
・VOIGTLANDER BESSA R2A
・SEAGULL 4A-107

◎自転車
・ARAYA RANDONNEUR RAN
・DAHON BOARDWALK

ご意見や、撮らせていただいた写真のデータちょうだいとかございましたらメールください。
goldhill_mino@yahoo.co.jp

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。