スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪国へ 第2章「その節はお世話になりまして」

P3233473.jpg

北海道の旅の話。札幌にたどり着き、ついに街へと歩き出す。そして写真展会場へ。

***


寝不足で重たい体を引きずるように駅構内を歩き、まず僕は観光案内所にて札幌の中心街の地図を手に入れた。

P3233463.jpg

↑なぜか札幌駅内で鉄拳のマンガ展がやっていた。

とりあえず外に出よう。

とうとう北海道の地を僕は踏みしめた。大阪を出る前はどれだけ向こうは寒いかと心配していたが、陽光が頭上から燦々と降り注ぎ、あっさりと予想は裏切られた。

と思った刹那、晴れているのに雪がパラパラと降り始めた。大阪じゃよほど寒い日しか雪は降らないが、この土地ではいとも簡単にこうして雪が降ってしまうのか。

P3233461.jpg

さて、どうしようか。とりあえず荷物を軽くしたいので予約してあるゲストハウスへと向かうことにした。

ゲストハウスは駅から南へ伸びる駅前通りという大きな通りを直進してどん突きの中島公園で東へ曲がりしばらく進んだところにあるらしい。

バスや市電を使う方法もあったが、少し距離は高いが街歩きでも楽しみながら歩いていくことにする。

P3233465.jpg

さすが北海道だ。晴れていても車道の脇には大阪では考えられないような、ワゴン車くらいの高さはある除雪された雪の山が道に沿って連なっている。2車線の道路でも、1車線はこの除雪の雪でほとんど走行不可となっているところもある。

歩道も雪で幅が狭まっていたり、踏み固められたりで足元は非常に不安低。

信号待ちの時、フと横を見れば、あの時計台があった。

あまりに観光地としてはベタベタすぎて寄る気はなかったが、まあそこだしと思って進路変更、あわせて大通り公園からテレビ塔も見ておいた。どちらも4年ぶりくらいの再会である、懐かスィ。

P3233474.jpg

↑はしゃぐのもなんなのでこの顔、時計台隠れてますけど。

すすきのを越えて妖しい看板の店をいくつも通り過ぎながら歩いていく。そして僕は久々の再会を果たす、それは。

P3243554.jpg

北海道のコンビニといえば、ザッツ!セイコーマート!!安くて美味しい自社製品が豊富で、田舎町でもセイコーマートは1軒はあることが多く、北海道をツーリングした人なら必ずや立ち寄っている人が多いはず。旅人同士で話すとセイコーマートの会話が出ることは珍しくないのだ。いやいや、その節はホンマお世話になりまして・・・。

やがてゲストハウス「縁屋」さんにたどり着いた。

縁屋はマンションの1室が宿になっているという僕にとっては初めてのタイプだ。

ドアを開けると、なんというかゲストハウス特有のゆるい雰囲気が久々に僕を包んだ。

主の「ゆき姉」に迎えられ、早めのチェックインをさせてもらう。しかしなんだ、まっ昼間というのに、宿泊者の若者達は共用リビングで自分の家のようにくつろいでいる。翌日彼らと同じ状態になろうとはこの時まだ思っていない^^;

ところでここまでけっこうな距離を歩いてきた。これから写真展会場に向かうのですが、もう交通機関を使うのはなんだか面倒だし、歩いていくにはまた距離のある場所だし。アレを使えれば・・・アレ?ありますの?

今回ばかりは「なし」と思ってましたよ。でもやっぱり「ある」んですね、僕の場合。アレとはコレ。

P3233490.jpg

自転車をお借りしました。やっぱり今回も自転車ですか・・・。

さすがに雪の上ではまったく乗れないしすべって危険ですが、除雪された車道なら今日のような日なら大丈夫という自分の判断です。しかし、縁屋のゆき姉曰く自転車を借りたいと言ってきた奴は僕が今季初だそうです笑

さて、写真展に行こう!

の前に中島公園でちょっと寄り道。

P3233494.jpg

P3233497.jpg

P3233500.jpg

4年前にも立ち寄った中島公園の野宿未遂を思い出す。もちろん夏の話です笑

自転車を走らせ写真展会場のカフェへ向かう。やっぱり自転車は、良い。

会場であるカフェ、「Plantation」にたどり着く。しこたまお洒落な空間作り、住宅街の中にありながら、北海道らしい大地と自然の凛とした空気を漂わす演出が心憎い。

P3233502.jpg


1、2階のカフェエリアを抜けて、どきどきしながら3階のギャラリーへ。

そしてついに展示にご対面、このためにここに来たのだ。あそこで何やら作業をされているお2人がきっとそうなのだろう。グルっと写真を一回りした後、声をかけさせてもらった。やはりそのお2人が、今回の写真展の開催者であり、世界を旅されてきたようこさんとひろさんであった。

思っていた通りの穏やかな人柄で、笑顔で迎えてくれてとてもホッとした。スライドショーが始まるまで時間があるので僕は2階のカフェで待つことにする。

P3233504.jpg

いよいよスライドショーが始まる。たくさんの人が2人の写真と話に夢中になる、もちろん僕も・・・と言いつつ疲れすぎていた僕は半分寝落ちしていた笑

P3233515.jpg


写真が素晴らしいのは言うまでもないが、何が良かったってお2人と直接お話が出来たのがとても良かった。ああいうときはどうしていたのか、とかコレはどうしたらいいのかとか、僕の質問にも丁寧に答えてくれた。ひろさんは風邪をこじらせていたのに僕はそれを考えもせず質問攻め、ホンマにすいません^^;

P3233518.jpg

P3233521.jpg

ガッチリ握手を交わし、いつかまた会う約束をしてお2人と別れて会場を後にした。あ、河内ワインも渡しました笑

外はさすがにヒンヤリ冷え込んでいたが、心は嬉しくてホコホコしていた。

P3233529.jpg

帰り道、適当に入ったラーメン屋でホコホコして、

縁屋に帰ると、リビングでみなさんイイ感じに出来上がっているところに途中参加、サッポロクラシックで乾杯。

P3243531.jpg

明日は完全ノープラン。とりあえず寝る、寝る。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kaerusound.blog.fc2.com/tb.php/291-9d939db0

Comment

さめ

雪すげーー(;・∀・)
こんなトコで自転車乗らせたらアホみたいになっちゃいますよねぇ(*^^)v
 #関西弁語感発音の「アホみたい」でよろしく

写真展最後のスリーショット
完全に雰囲気同化してて
まるで3人で旅してきたみたいに見えるのは俺だけだろうか?ww


  • URL
  • 2014/04/01 21:58

犬山にゃん太郎

予告でわかってはいましたが、ブログのトップを見て「あれ?」と違和感、
まさに4月1日のような感じの本当の記事でありました。

雪まだまだありますねえ、時差があるとことを思っても今でもそれなりにあるのでしょうかねえ。
北海道行ったら、やっぱりサッポロビールですよねえ (●´ω`●)◇ゞ

バリカン

チャリンコでえっちらおっちら、
雪道をママチャリで往く、
アマガエルさんの後ろ姿を・・・。

鉄拳サンに描いてもらいたい♪(笑


良き出会いにほっこりです、あ、ラーメンも♪(^^

アマガエル

さめさん

雪の上ではホンマに3秒もこげません。3秒もこいだらたぶんナベアツのようにアホになってまいますわ^^;

自転車こいでる人は2日のうち、僕以外一人くらいしか見ませんでした笑

アマガエル

にゃんたろうさん

え?なんかフェイクかましてるように見えました?笑

ちなみにエイプリルフールの日には、同僚の女性に「僕結婚することになったんですよ。」って神妙な顔で言ったら、けっこう簡単に騙されてましたよ。まだまだ結婚するつもりはございませんっていうか出来ないでしょう^^;

そちらも春は見えてきましたか?大阪は桜が満開です。

あーまたサッポロクラシックを飲みたくなってきた笑

アマガエル

バリカンさん

峠で顔歪ませて自転車押してる様子をアニメーション化してほしいですね、けっこうスペクタクルな映像が出来ると思うのですが笑

ラーメンは食べるつもりなかったんですけど、帰り道たまたま目に入ったので食ってくかーみたいなノリで。味の時計台という、どチェーン店に入ったのですが、他の人からはもっと研究して個人店に入れよと笑われましたが、ぼくとしては普通に美味しかったにで良かったです笑

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

アマガエル♪

Author:アマガエル♪
自転車に乗って、旅して、撮る。

自称「自転車カメラニスト」のアマガエルです。

旅と日常を写真と、時々文章とともに綴ります。

◎カメラ
・OLYMPUS OM-1
・OLYMPUS E-5
・OLYMPUS E-620
・FUJIFILM NATURA NS
・VOIGTLANDER BESSA R2A
・SEAGULL 4A-107

◎自転車
・ARAYA RANDONNEUR RAN
・DAHON BOARDWALK

ご意見や、撮らせていただいた写真のデータちょうだいとかございましたらメールください。
goldhill_mino@yahoo.co.jp

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。