スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COFFEE TRIP in KYOTO

K8263089.jpg

コーヒー求めてえんやこらせ。

***
本日休日であります。

予定も無かったので資格の勉強に充てようかと思っていましたが、疲れからか頭痛がひどくて夕方まで寝ておりました。

ちょっとマシになってきたので、ブログでも書きます(お勉強は?^^;)


先週、京都へ行ってきました。一緒に行くはずだった同行人に直前にドタキャンされたので行くかどうかも迷いましたが、ガマンできないのでいつも通り一人で行くことに。

地下鉄と京阪使って降り立ったは出町柳駅。時刻は午後2時を過ぎていた、まあ連れもいないしのんびりいこう。

僕が京都に来ることは稀ですが、その中でもなぜかこの出町柳に降り立つのは3回目、何か縁でもあるかもしれないと考えるのは早計か。少しだけではあるがここあたりの土地勘も身に着けはじめ、まずは駅前の黄色いカンバンが可愛らしい「おにぎソ屋さん」(昨秋の鯖街道アタックの時に初来店)でおにぎりとお茶を買って鴨川で食べようと向かった。

K8263015.jpg


鴨川は気持ちが良い。開放的な広さとせせらぎの音、その向こうには青い山々がそびえて町中にいることを忘れてしまう。

おにぎりを食べる場所を探していると橋のたもとに座っていたオジサンと目があった瞬間声をかけられた。そのオジサンの話が面白くてなんと1時間以上そのオジサンと話し込んでしまった。政治や人生などいろいろな話をしたが、「エラくなっても天狗にはなるな。」というオジサンの言葉がなんとなく心に響いた。肝に銘じておきたい。ただし僕のような甲斐性のない人間が「エラく」なる日が来るかは不明だが。

K8263066.jpg

今日はコーヒー屋さんを2、3件回りたいと思っていたが無理そうである。まあ本命の1件に行ければそれで良し。

出町柳の町をフラフラと歩きながら目的の場所へ向かう。

K8263054.jpg

K8263074.jpg

K8263082.jpg

K8263080.jpg

その店は叡山電鉄の「元田中駅」のすぐそばにある。「すぐそば」にあるはずなのに見つけるのに30分以上かかってしまった。いまどきならスマホでサッとグーグルマップでも開くのでしょうが、なにぶんこんな宝の地図のようなものしか持っていないもので。

K9033218.jpg


んでようやく見っけました。建物2階だったようで、3回目通った時にやっと気づきました。

「weekenders coffee」さんです。

K8263098.jpg

基本的に焙煎した豆売りが専門みたいで、ただし立ち飲みでコーヒーもいただけるよう。

雑誌かなにかで知ってここは絶対に雰囲気が良さそうだと思っていましたが、自分の好みにドンピシャなオサレ空間でした。広々とした店内はシンプルで、物の置き方など「間」の取り方にセンスを感じました。モダンな空間なんだけど古い木材を多用しているため温かみを感じます。

お客さんは平日とあってか静かなもんで先客の日本在住っぽい外国人の男性がカウンター越しに楽しくおしゃべりをしていた。

コーヒーを頼みたかったが、まずはグっとこらえて憧れていたその空間をドキドキしながら一回り二回りしてみる。コーヒーの豆の販売はもちろんコーヒーを淹れる器具もいろいろと「展示」されるように販売してあって、ワクワクが止まらない。

外人さんもかえっていよいよカフェラテを頼んでみる。ミルクを注ぐところを間近でも見させてもらいたいものだが、遠目でじーっと見つめてみる(かえってやらしい^^;)あのピッチャーの振りは?ウッィングチューリップのウィング部分か?いやさらにリーフの動き?リーフ×リーフなのか?などと予想していると出来たのはこれ。

K8263091.jpg

美しい・・・。口にした瞬間、上唇に優しくミルクの泡がまとったかと思うとミルクの甘みとコーヒーのコクが脳内になんともいえない幸福感をもたらした。見た目も、味も美しい一杯であった。素晴らしいとしか言いようがない。

豆を2種類、100gずつと、思わず欲しいと思ったコーヒー器具も1つ買ってしまった、後でご紹介する。お会計は3000円近くとなった、オホ、オホホ、オホホホホ・・・・・・・^^;

雨上がりの夕暮れの街を歩きながら今日のコーヒートリップをそろそろ終わりにしようと思う。

鴨川沿いを歩きながらフと思う。大阪にない違った面白さが京都にはある気がする。個性的な店が多いのはもちろん、なにげない住宅街を歩いているだけでも、この土地の持つ独特の時間の流れには何かインスピレーションを感じずにはいられない。もっとこの町を知ってみたい気がする、また自分の世界が広がる気がする。ん?じゃ住んでみるってのはどうだ?もしかしたら旅から帰ったら京都で仕事を探すのも面白いかもしれない。そんな妄想を抱きながら僕はいつしか余計に一駅分歩いていたようだった。

K8263110.jpg

K8263118.jpg

K8263119.jpg


***

さて、weekenders coffeeで買ったコーヒー器具とは?

K8273135.jpg

ドリップする時にポットに差す温度計です。同じ豆を使ってもお湯の温度で味は変わるので、家でも導入しようと前から思っていてデジタル表示の温度計を想像していたのですが、お店でこのアナログ表示のそれを見るなり一目惚れ。

帰ってポットに差してみるとメーターの針がグイーンって動くのを見るなりテンション上がる上がる(笑)

デジタル製品は便利で合理的であるが、やはり僕はアナログ物に弱いなあと感じます。

今回買った2種類の豆ですが、一つはエルサルバドルの深煎り豆ともう一つはweekendersのオリジナルブレンド。

両方ラテにして飲んでみるのですが、エスプレッソを淹れる際にエルサルバドルは適正な抽出が出来るのに対し、ブレンドではうまくいかない。抽出速度が速く、クレマが出ない。エスップレッソが適正に抽出できなければ当然ラテにしても味は落ちる。これは豆のせいではなく僕の使っているミル(コーヒーを挽く器具)に問題があるように思った。

エスプレッソを淹れるためには専用のマシンと、豆をとても細かく挽くことの出来るミルが必要なのである。

手回しのミルでエスプレッソ用に微細な粒度に挽けるミルほとんど存在しない。するとそれなりにサイズのある電動ミルが必要になってくるが、自宅ラテアートを始める時にさすがにミルにそこまでお金をかける余裕はなかった。

実は手回しミルでエスプレッソ用に挽けるミルが唯一存在する。それがポーレックス社のコーヒーミルだ。で価格も4000円と手回しミルとしては少し高いが、エスプレッソを淹れるためだから仕方ない。デザインも秀逸で、性能共にコーヒー好きの間でも評価が高い。

たしかにポーレックスで挽いた豆でクレマののったエスプレッソを淹れることは出来る。だがしかしエスプレッソを極めたいと思うほど、物足りなくなってきているのが事実。エスプレッソにはメッシュ調整という重要な作業がある。適正なエスプレッソは、20~30ccを20~30秒で抽出るのが一般的だと言われ、この基準からブレると酸味が出たり、クレマ(旨みの層)が出なかったり、苦味や雑味が出てしまう。ちゃんとした店では適正な抽出が出来るように同じ豆でも毎日開店前に豆の挽き目を調整するのである、これがメッシュ調整という。

ポーレックスはエスプレッソ専用のミルではないので大まかな調整は出来ても微細な調整は出来ない。さらに僕は使う豆をアレコレ変えるので、豆の種類や焙煎具合により、固さ柔らかさがあり、あるいは焙煎してどれくらい時間が経っているかでも挽き目を調整しないと抽出にバラつきが出るようなことに最近気付き、もはやポーレックスに微妙な変化への適応は難しいと感じているのである。

あと、挽いた粉の粒がいかに均一であるかというのも重要である。例えば「3」という大きさに豆を挽きたいのに、「3」の粒の他に「1」から「5」の大きさの粒が出来てしまう。これが業務用の高価なものになってくると限りなく「3」に近づいてくる。この点に関してもちょっと限界感じてます。

そうなったらちゃんとしたミルというよりはエスプレッソ用は「グラインダー」っていうんですよね。良いグラインダーが欲しいなあと思い、中途半端な家庭用なら同じ結果をまねきかねないので、いきつくのはホームバリスタ憧れの、てゆうか業務用でも使えまっせなmazzer社ののMINIというもの。

mazzer_mini_e_type_a_silver.jpg

いやあカッコエエっすなあ。20万くらいするのかな(笑)個人輸入したらもっと安く入手できるらしいけど。旅から帰ったらグラインダー買うために頑張ろう!(いやいや^^;)


はい、以上よくわからないコーヒーの独り言。

K8273141.jpg

K8273145.jpg

涼しくなりましたねえ。畦道歩けばカエルはピョコピョコ飛ぶのに鳴き声は聞こえなくなりました。

変わって今は虫たちのチロチロと鳴くのが子守歌です。

来週あたりはお月見の話題でもしましょうか。
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kaerusound.blog.fc2.com/tb.php/318-d56aafa8

Comment

バリカン

おにぎソ・・・(笑。
懐かしき再会ですね(^^。

ふたばちゃんには今回もフラレてしまったようですね(笑。
出町周辺は思い出深い町です、大学はこの駅から歩いてましたし。
社会人になって1年ばかり暮らしてたこともあって・・・週末だけの訳アリですが(^^;

学生の町ということもあり、風通しが良い印象です(^^。
夕飯の買い出しに歩いた商店街への道の黄ばんだ光が、
ちょうどおにぎりから下のお写真のような記憶色、
若干センチメンタルな気持ちになってみたり(笑。
言うても20年ほど前の話ですんで、町並みは変わっているかも知れませんけど、
人が色々入れ替わって、より住みやすい町になってるんちゃうかな、とか思ったり。

というワケで僕は、出町柳に一票です♪(^^

アマガエル

バリカンさん

バリカンさんに言われるまではふつうに「おにぎり屋さん」かと思っていたのですが、いやあついてる目が違いますね笑

「ふたば」さんは行くたびに定休日。僕は土日は休みがなく、火曜か水曜が休みになることが多いのですが、僕の行きたい店は軒並みその曜日に休みたがるから困ったものです。

週末だけのワケありというのが気になるところですがスルーしときます(笑)そうそう、あの辺って京大が近いんですね。さすが歴史ある京大、いろいろ変わってしまったこともあるだろうけど、古風な学生街の香りが今もするような気がします。

祇夜

「咲かせた根元の恩を知れ」
出町のバス停から見える掲示板?に貼ってありましたね~
↑私の記憶が確かならば。 最近うろ覚えが多くって~

きっと、その土地土地で流れる時間も違うし文化も違う、何もかも本当はそれぞれ違うのでしょうけれども、京都はやっぱり独特ですよね
京都を離れて、近畿を離れて暮らしてみて、たったこれだけの距離だけど、外から眺めて余計それを感じます。
京都に帰りたいと思う反面、もう暮らせないかもと思うことも
(物価高いんだもん。いや岡山が安いのかw)

ウイークエンダーカフェは今度絶対寄ろうと思います。
両手そろえた猫さんが可愛いわ~
  • URL
  • 2014/09/06 19:19

まりこうた

京都、、行きたい。。
ええなぁ、ええどすなぁ。。
でも、アマガエルさんのお写真で、いっぱいトリップさせていただきました♪
ドリップじゃないですよ?トリップですよ?(笑)

「咲いた花見て喜ぶよりも 咲せた根元の恩を知れ」
刻んどきます。

*まりこうた*

皇帝の亀

こーひーは、殆ど興味ないですが、KAERU SOUNDさんの写真、とてもスキです。
  • URL
  • 2014/09/09 22:07

アマガエル

祇夜さん

お返事遅れまして^^;

おお、まさにバス停の裏でおます!この前の京都トリップの時にご覧になられたんですかね?まさか何年もあの標語のままとか笑

本当に京都は独特。ただですね、一つ思ったのは町中はやっぱり空が狭くて。実家付近の田園風景に慣れているからか、やはり住むなら近くに田んぼはないと僕はダメな気がします(働きだしたらそんなこと言ってられないやろけど)

その点、岡山ののどかさもちょっとうらやましいなと思ったり、海も山もあって贅沢!ああ、ダメだ遊ぶことしか考えていない笑

ニャコはん可愛いっしょ。神社の境内の草むらで1匹ピョコピョコ
遊んではりました。

アマガエル

まりこうたさん

いえいえ、ドリップ(コーヒー)を巡るトリップですからあながち間違いではありません。実はこの日記のタイトルもcoffee tripではなくdrip tripの方が面白いんじゃないかと思っていたところです。drip trip この言葉から何かが生まれそうな気がするので、ちょっとしばらく大事に温めてみたいと思っています^^

いつでも平身低頭、おごらず慎む心を忘れぬよう、やっていきたいもんですな~。

アマガエル

皇帝の亀さん

ありがとうございます^^最近は半分以上コーヒーの話題が占拠しておりますがよろしくお願いします笑

祇夜

そうでーす、先日バスを待ってる間じーーーっと見てました(笑)
ああいう何気ない場所の掲示板とかお寺の前の掲示板に、ああいった含蓄のある標語がよく掲げられています。
お寺が山ほどあるので標語も同じく沢山。
内容もさることながら墨痕鮮やかな達筆が多いのでそちらも勉強させてもらったり(笑)

岡山は良いとこですよ~
我が家は岡山駅から自転車で15分かからない都心部と言ってもいい場所ですが、それでも田んぼや畑が点在しのどかな雰囲気満載です。
田んぼの稲穂も垂れてきて、早くも今年の新米が楽しみな今日この頃の私です。
岡山と言うくらいだから岡と山を背に、瀬戸内の自然と海の幸はたまりません(*^∇^)v♪
でも土地が真っ平だから(江戸時代の大規模干拓による)、いざというときはすぐに水に漬かるコワさもあるのです(;^ω^)
  • URL
  • 2014/09/11 18:47

アマガエル

祇夜さん

スイマセンやっと返信できます^^;

お寺の標語気になりますね。僕もよく見るのですが、その有難いお言葉にその時ばかりは改心したような、悟りを得たような気分になります。1日たてば俗にまみれた人間に戻ってしまうのですが笑

岡山良さそうですよね~。行きたい喫茶店や古本屋さんがあって行きたいなあとはずっと前から妄想しているのですが。将来ずっと暮らす土地候補として僕は以前から奈良か滋賀を思い浮かべているのですが、岡山というのも良さそうな気がしてます。香川も近いしうどんがすぐに食べに行けるというメリットも笑

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

アマガエル♪

Author:アマガエル♪
自転車に乗って、旅して、撮る。

自称「自転車カメラニスト」のアマガエルです。

旅と日常を写真と、時々文章とともに綴ります。

◎カメラ
・OLYMPUS OM-1
・OLYMPUS E-5
・OLYMPUS E-620
・FUJIFILM NATURA NS
・VOIGTLANDER BESSA R2A
・SEAGULL 4A-107

◎自転車
・ARAYA RANDONNEUR RAN
・DAHON BOARDWALK

ご意見や、撮らせていただいた写真のデータちょうだいとかございましたらメールください。
goldhill_mino@yahoo.co.jp

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。