FC2ブログ

4月22日 220日目「ヤンとヨアンとの出会い」鹿児島・阿久根

与論ー九州西側 (40)


鹿児島の北西部にある阿久根市のライダーハウスに僕はもう1週間は滞在していた。ライダーハウスとは、ゲストハウスによく似た簡易的な安宿で、相部屋で自分の寝袋で寝るカタチをとっている所が多い。旅人が好んで利用するため、談話室が設けられ、交流の場所になっている。ゲストハウスとの違いがあるとすれば、ライダーハウスというからに、バイクの利用者が多く、ゲストハウスより広めの駐輪所が設けてあることが多い。宿泊料は1000円~1500円くらい。ちなみに北海道には本州と比べ、別格にライダーハウスが多く、宿泊料も圧倒的に安いがその話はまた北海道編の時にでも。

阿久根のライダーハウスは少し変わっていて、引退したブルートレイン(寝台列車)の中で寝ることが出来るのだ。電車もそこそこ好きな僕は是非泊まってみたかった。1泊するだけの予定が、オーナーさんにライハの案内看板を書いて欲しいと頼まれ、滞在しながら1枚、2枚と書いていたのですが、他にも色々仕事を手伝ったりして、すでに滞在1週間を迎えていた。

与論ー九州西側 (45)


ある日、外国人のチャリダー2人がライダーハウスにやってきた。これまで何度か外国人の旅行者と交流しているが、この時はなんのためらいもなく積極的にその外国人達にヘタクソな英語で話しかけにいった自分に後から驚いた(笑)彼らはオランダ人で、ヤンとヨアンという。50歳すぎで、一人は世界一周中で、もう一人は日本だけを一緒に旅しているそうだ。彼らとは2日間一緒だったが、底抜けに陽気だ。終日テンションが高く、いつも冗談を言っていた。やはりオランダ人だと思わせたのが、台所で2人で作っていた野菜の煮物はチーズだらけ。近くの洋食レストランに連れていくと、2人ともスパゲッティを頼んで、テーブルにあった粉チーズを全部空けてしまった。

彼らが来た翌日、オーナーさんの山にみんなでタケノコを掘りにいった。その様子を地元の新聞社が取材にきて、僕とヤンとヨアンが写った記事がその2日後の新聞に掲載されていた。残念ながら新聞にのった前日に彼らはライハを出発していた。どこかで見ているとイイけど。

ちなみに阿久根のライハには、色々手伝うことがあってさらに1週間以上滞在した。その間たくさんの旅人が訪れ、交流することができ、後につながるイイ出会いもたくさんあった。

5月1日、ようやく出発する日を迎えた。このライダーハウスは地元NPOの理事長と事務長の主に2人で経営されているが、出発の時に限って理事長がいない。お世話になったからちゃんとお礼を言いたかったけど、ここまで出発が延び延びになっていたから、事務長にだけ挨拶して僕は再び旅に出た。その日は阿久根からそんなに離れていない長島(この島は橋でつながっている)という島でキャンプすることになった。夜、まだ理事長にちゃんと挨拶が出来てなかったので、携帯で電話をかけると理事長はなんと、
「長島!?近くじゃん!!今から連れ戻しに行くから!!」
ハ?冗談かと思ったが、1時間もしないうちに理事長の車が来て、自転車と僕を積んで即刻阿久根に連れ戻された。やっと旅を再開したのに(笑)帰ってきて事務長に、
「家出少年みたいだね。」と言われた。確かに。まあでも内心面白かったです。

翌日、理事長にもちゃんとご挨拶して、僕はようやく阿久根を出発して、天草に着いた。この時点で1カ月半滞在した鹿児島県から、熊本県に入った。

与論ー九州西側 (47)
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kaerusound.blog.fc2.com/tb.php/38-8a8a5b25

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

アマガエル♪

Author:アマガエル♪
自転車に乗って、旅して、撮る。

自称「自転車カメラニスト」のアマガエルです。

旅と日常を写真と、時々文章とともに綴ります。

◎カメラ
・OLYMPUS OM-1
・OLYMPUS E-5
・OLYMPUS E-620
・FUJIFILM NATURA NS
・VOIGTLANDER BESSA R2A
・SEAGULL 4A-107

◎自転車
・ARAYA RANDONNEUR RAN
・DAHON BOARDWALK

ご意見や、撮らせていただいた写真のデータちょうだいとかございましたらメールください。
goldhill_mino@yahoo.co.jp

カウンター