FC2ブログ

7月6日295日目「はるばる来たぜ」北海道・函館

北海道

船は港に着いた。僕はついにこの地に来た。そう、北海道!!時刻は夜中の10時であったがあふれる高揚感を抑えつつ、ニヤニヤしながら夜の函館の街を自転車でブラブラしていた。僕は北海道に関しての知識はほぼゼロで、着いてまもないので地図もまだ買ってないし、どの地名がどの辺にあって、見所とかも全然知らない。函館に関してもなんとなく観光地であることは知っていたけど何が有名かは知らない。ここまで野宿だらけの日々だったから、函館の宿で2日ほどゆっくりしてから北海道を旅してみようと思う。しかしこの時は函館が僕にとって、とても縁深い街になるとは思いもしなかった。

北海道にはライダーハウスと呼ばれる簡易的宿泊所が数多くある。民間で経営している所もあれば、市町村が管理している所もある。1泊0円~1000円くらいの所が多い。無料の所もあると聞いて、まだこの時は想像もつかなかったですけど(笑)普通の宿のようなサービスはなく、自分の寝袋で勝手に寝て下さい、という感じ。旅人にとってはそれで十分、屋根と壁があるだけでどれだけ有り難いか。何よりライダーハウスに集まる旅人との出会いが楽しいのだ。

僕は翌日、函館にあるライダーハウス「ライムライト」に向かった。談話室に入った瞬間、ここは絶対居心地がイイと確信した。もうたぶんこの時に僕は足から根が出始めていた。「勝手にセカンドハウス」と決め込んだ阿蘇ライダーハウスと同じ匂いがする。それから僕はこの宿にすっかりハマった。街をブラブラしてみたり、オーナーのシナチクさんやお手伝いのハコさん達と車で恵山の露天風呂に行ってみたり、喫茶店でたまった日記を書いたり、何もせず大量にあるマンガの蔵書をあさっていたり、ダメ人間まっしぐらな生活を送っていた。函館の街もすっかり気にいってしまった。坂と港、レトロな洋館、路面電車。喫茶店もたくさんあって、珈琲好きの僕にはたまらない。

そうして函館での滞在はすでに1週間を迎えていた。そろそろ旅に出ます、そうオーナーのシナチクさんに告げると、「え~もう行くんですか?18日に函館の港で花火大会があるんですよ。」と言った。そして次の日は僕の誕生日だ、それも祝ってあげるよと言われた。花火大会はちょっと魅力やな。少し考えて、函館周りをツーリングして、18日にまた函館に帰るかもしれないし、もしかしたら函館には戻らずそのまま北海道の旅を続けるかもしれないとシナチクさんに告げて、僕は7月13日ようやく函館の街を出発した。果たして僕は函館に戻ってくるのか、そのまま旅に出るのか、次回に続く。
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kaerusound.blog.fc2.com/tb.php/50-da29f9ab

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

アマガエル♪

Author:アマガエル♪
自転車に乗って、旅して、撮る。

自称「自転車カメラニスト」のアマガエルです。

旅と日常を写真と、時々文章とともに綴ります。

◎カメラ
・OLYMPUS OM-1
・OLYMPUS E-5
・OLYMPUS E-620
・FUJIFILM NATURA NS
・VOIGTLANDER BESSA R2A
・SEAGULL 4A-107

◎自転車
・ARAYA RANDONNEUR RAN
・DAHON BOARDWALK

ご意見や、撮らせていただいた写真のデータちょうだいとかございましたらメールください。
goldhill_mino@yahoo.co.jp

カウンター