FC2ブログ

8月26日346日目「目覚めたらカレーライス」北海道のとある街

北海道 (31)


1カ月以上滞在した函館を出発した僕は本格的な北海道旅をするべく、遅すぎるスタートを切ったばかりだった。函館から北上して幾日がたち、この日はとある港町に泊まることとなった。その街には安いライダーハウスもキャンプ場も無いようだった。港の近くに公園があってテントを張るのに良さそうに思えたが、いかんせん公園の看板に「キャンプ禁止」と書かれてあったのだ。

野宿旅において心がけていることは、快適に寝れる場所より、まず地元の人に迷惑がかからないようにすることである。いつもうまくキャンプ場にあたることが出来ればイイが、そんなタイミング良くあるわけでもなし、オートキャンプ場は本州でもちょくちょく見かけるが、ちっちゃなテントを張るだけでアホみたいな値段とられるので、ソロキャンプでは利用しない。そんな時はどこか寝ても迷惑のかからなさそうな場所を探す。もちろん私有地では寝ない、公共の場所を探す。テントを張る時も暗くなってからで、朝は早いうちに撤収する。朝は通りがかる地元の人にも挨拶したりする、それでけっこうむこうの警戒心もとけることもあるし、田舎の方ではむこうから話しかけてきて「寒かっただろ?」と温かい声をかけてくれることも。世間で何も貢献出来ていない僕のような旅人が守らなくてはならないのは、人に迷惑をかけずに旅をすることだ。「たつ鳥、水を濁さず」という言葉があるが、マナー良く旅をすれば、地元の人達も気持ちいいし、後の旅人が気持ちよく旅が出来ることにもつながると思うのだ。

話は戻って、「キャンプ禁止」と書かれてあった場所では当然あきらめて次の場所を探すことにした。しかしなかなか見つからなかった。さんざん探したあげく、住宅街の中の少し広めの公園に落ち着いた。あまり民家から見えるような場所でも寝ないようにはしてるのですが、どうしてもここしかなかった。さすがにクマの出てくるほど田舎町ではなさそうだったので、ベンチに寝袋でひっそりと寝ることにした。

ぐっすりと寝ていた。すると突然ベンチの前で「カタカタ」と音が鳴って目が覚めた。2メートル前には、夜明け前の薄明かりの中、カートを持ったお年寄りのシルエットが見えた。何やろう?と思った瞬間に、

「兄ちゃん、カレー持って来たから食べ!!」

と言った。僕は寝起きで全く状況が理解出来ていなかった。近づいてきたおばあさんは僕に、深めのヨーグルトの容器を差し出してきた。それを受け取った僕はフタをあげた。するとそこにはカレーライスがみっちりと詰まっていた。ここにきて僕は寝ぼけた頭で、

「とりあえずカレー食えるのか?」

と早合点して、カレーをいただくことにした。まだ寝起きから10秒ほどしかたっていなかった。

カレーをいただきながら、おばあさんは色々と話してくれた。息子さんが夜勤の仕事で朝に帰ってくるらしく、いつも朝早くに起きてご飯を作って待っているらしい。日課である散歩をしている時に寝ている僕を見つけたのだろう。そして今食べているカレーは息子さんに作ったカレーを分けていただいてることもぼんやりと分かってきた。最初は訳が分からなかったが、食べているうちにおばあさんの直球勝負の優しさを感じて、カレーを食べながらポロポロと涙がこぼれてきた。僕は寝起きでカレーを食べて、泣いて、何をやってるのだろう?可笑しいけど嬉しかった。

食べ終えてお礼を言って容器を返すと、「じゃあ。」とあとくされもなく、おばあさんは自分の家の方角へと帰っていった。まだ朝日ものぼってなく、時計は朝の4時だった。

それからしばらくして日も登り、すっかり明るくなったから出発することにした。もう一度おばあさんにお礼を言いたくて周辺を探してみたけど会うことは出来なかった。僕は心の中で一礼して出発した。しかしヨーグルトの容器にカレーライスを入れてくるとは、面白すぎるわ(笑)
さあ今日も自転車こぐで。

北海道 (41)
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kaerusound.blog.fc2.com/tb.php/55-bae21910

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

アマガエル♪

Author:アマガエル♪
自転車に乗って、旅して、撮る。

自称「自転車カメラニスト」のアマガエルです。

旅と日常を写真と、時々文章とともに綴ります。

◎カメラ
・OLYMPUS OM-1
・OLYMPUS E-5
・OLYMPUS E-620
・FUJIFILM NATURA NS
・VOIGTLANDER BESSA R2A
・SEAGULL 4A-107

◎自転車
・ARAYA RANDONNEUR RAN
・DAHON BOARDWALK

ご意見や、撮らせていただいた写真のデータちょうだいとかございましたらメールください。
goldhill_mino@yahoo.co.jp

カウンター