FC2ブログ

10月28日409日目「さらば函館、北海道」函館―青森

スキャン0012


約2カ月ぶりに函館に帰ってきた僕。少しゆっくりしたら、大阪のゴールに向けて南下の旅を始めようかと思っている。では北海道を出るまでの過ごした日々を簡単に。

10月16日、函館で仲良くなった地元の方達と会うべく、数日は滞在する予定。そういうことでまずスーパー魚長に行って野菜を買いまくってきた。ライムで出会った一人の自転車の旅人はニセコでホテルのアルバイトを探して越冬するという。僕も北海道で住み込みの仕事を見つけて越冬するか迷ったこともあったが、旅が長引いてもマンネリ化しそうなので、このまま大阪に帰ることにする。この日はライムライトにある大量のマンガの蔵書から「ハチミツとクローバー」をチョイスして読みふける。

スキャン0008


10月17日、シナチクさん達と近くのトレーニングジムへ行く。会員の人と一緒に行けば、会員でない人も100円で施設を利用出来る。僕の場合、体を鍛えるのが目的ではなく、その施設にあるシャワーを浴びるためについていくのである。ライムにはシャワー・風呂はなく、銭湯などで入る必要があるのですが、僕はなぜか色んなところでタダ風呂に入っていて、函館で風呂代にお金をかけたことがほとんどない。トレーニングジムでズンバのエアロビクスを踊っているオバチャン連中の機敏な動きにビビる、負けた。

北海道 (137)


10月18日、知り合いの方と会う。ご飯を御馳走になった上、銭湯にも連れていって下さった。(ここでも風呂代ゼロです、申し訳ない!)

10月19日、ついに400日目。SPORTS ALPENで自転車の整備。お好み焼きを4枚焼いて、ほぼ一人で食べる。

10月20日、1週間分たまった日記を書きまくる。カフェ「ヒメジュオンハルジュオン」へ、お洒落で女性ごのみだけど、僕はもうちょっとブルースが効いた喫茶店の方が好きかもしれない。フと自転車で迷い込んだ、露天で野菜などを売っている地帯があった。安い、大きなナスが5本で100円、玉ねぎが3コで100円。なんぼか買って、ライムでシナチクさんに言うと、中島廉売という市場らしい。なんか大阪の下町チックで懐かしい感じがした。

10月21日、シナチクさんの車で鹿部ロイヤルホテルの温泉に入りにいく。雑誌のクーポン券を持っているのでここでもタダ風呂なのである。僕は1時間であがったが、シナチクさんとハコさんは2時間は風呂場にいたよう。風呂場で2時間も何やってるんですか?と聞くと、ハコさんに関しては風呂場にマンガを持ち込んでそこで読んでいるらしい、マンガは濡れないのだろうか?帰り道、七飯の小さな商店でソフトクリームを。オオオオオ、長い。店のカウンターに「クリームを店内で落としたら、掃除して2度とお売りしません。」と書かれてあった。

スキャン0009


10月22日、吉田商店にスープカレーを食べにいく。カフェ「MOSTREES」へ。古くて可愛らしい木造の洋館のカフェで、内装も落ち着いていてブルースを感じる。函館では一番好きな喫茶店かもしれない。ライムライト常連の姉さんが泊まりにきた。函館在住のこれまたライム常連の兄やんも遊びにくる。僕が20歳前に、当時思いをよせていた高校の同級生が住んでいた愛媛の松山まで夏に自転車で会いにいって、野宿した海辺で若者の花火グループにビビりまくったり、途中暑さで熱中症になり病院で点滴を打ったりしつつも、なんとか着いた松山で見事にフラれて、失意を胸にフェリーで大阪に帰ってきた話しが大ウケ(笑)

スキャン0010


10月23日、仲良くなった地元の人の家に2件遊びにいく。そのうち1件ではお昼を御馳走になり、お茶をいただきながらゆっくりさせていただく。姉さんと兄やんに連れられ、坂の上のカフェ「無垢里」へ、純和風でちょっと贅沢な気分を味わえる喫茶店です。夜はラウンドワンでカラオケ。

10月24日、おとついライムに来た、学校サボってヒッチハイク旅をしている高校生P君(学校行けよ笑)が、ジンギスカンの店「羊々亭」の2kgのお肉を1時間で食べきったら無料というチャレンジメニューのチラシがライムライトの談話室に張ってあるのを見て、「オレ余裕っすよ。」というからみんなでそのチャレンジを見に行くことにした。結果、残り4分の1くらいのところでペースダウン、そして店のマネージャーらしき人が嬉しそうにタイムアップをつげにきた。油がかなりキツイらしい、でも量的にはまだ入るとP君。食べきれなかったので4000円払うことに。残りのお肉はみんなで美味しくいただく。姉さんと兄やんでまたカフェへ。「Piece Peace」シンプル&モダンな雰囲気。

10月25日、もう3日前くらいから函館を出よう出ようと思っているのに、周囲の引き止めの声でなかなか出発しない意志の弱い僕。昨日チャレンジメニューに敗退したばかりのP君が、また違う店のチャレンジメニューに挑戦すると自分から言い出した。それは、函館周辺で有名なハンバーガーチェーンのラッキーピエロのとある店舗の予約制裏メニュー、2kgのトンカツ定食25分食べきり無料というもので、実は僕が7月にチャレンジして半分も食べきれず敗退している。そのメニューを聞いたP君、「え?楽勝っすよ。」とサラっという。てことで挑戦が決まり、それを見ずに出発は出来ないとまた連泊決定、なぜか周囲から拍手があがる。しかも挑戦は明日の夜なので必然的に明日も連泊が決定する・・・。

10月26日、北海道に寒波到来。そして・・・初雪降りました。ついに、雪降ったか(笑)いや、笑いごととちゃうで。居酒屋「ココ」で500円ランチ。昼過ぎに起きてきたP君、お腹を空かすため、近くの運動施設にみんなで卓球を。車でラッキーピエロへ。2kgのトンカツ定食、あらためて見るとやはりスゴイ、キャベツはマッターホルンがごとく盛られている。結果、またしてもあとちょっとのところで完食ならず。25分というのが短すぎるらしい、量的にはまだ食べられるとP君。君は将来大物になりそうだ(笑)ちなみに完食出来なかったので3000円近くのお会計、2回連続で可哀相なので、みんなでいくらかカンパ。焼肉もトンカツも残った分はみんなで完食。こんなことをしながらも、食べ物に感謝。帰りの車内、みんなひと仕事終えたような感じでしんと静かで、車は橋の上を渡り、街灯のオレンジが視界を流れていた。向こうに函館山が見えた頃、車内のラジオからABBAの「チキチータ」が流れ、妙に一人で感じいっていた。明日も寒波とか、また連泊やな。

スキャン0011


10月27日、何をするでもなく、連泊者達とのらりくらり。明日こそ出発かな?

10月28日、ついに出発する日がやって来た。青森行きのフェリーの出発時刻は11時半だった。出発の時間がせまるにつれ、まだゆっくりしたい気もしてくるが、いずれは出ねばならない。ゴソゴソと準備をしだす僕を見て、周囲から当然(?)のように引き止めの声がかかる。「今日も寒いよ。」「あれ?越冬するんだよね?(←オイ笑)」おまけにハコさんが、「よし、今日はコタツを出してみんなで鍋をしよう♪」というのには思わず意志が動きそうになったが、それでも出発を決意した。

そしてライムライトを出発する時が来た。みんな下まで見送りにきてくれた。函館、本当に楽しかった。ここには仕事で来ていないが、よく遊んだ兄やんに「ニャンチュウ、お前はこの夏俺が見た中で一番の旅人だよ。」と言われて少し誇らしい。シナチクさん、ハコさん、函館のみなさん、そして北海道、本当にありがとうございました、絶対また来ます!!

北海道 (140)


僕は青函連絡船で青森へと渡る。いよいよゴールの大阪までのファイナルステージが始まろうとしている。

                        ―第4部 北海道の旅 完―
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kaerusound.blog.fc2.com/tb.php/70-3c267b8a

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

アマガエル♪

Author:アマガエル♪
自転車に乗って、旅して、撮る。

自称「自転車カメラニスト」のアマガエルです。

旅と日常を写真と、時々文章とともに綴ります。

◎カメラ
・OLYMPUS OM-1
・OLYMPUS E-5
・OLYMPUS E-620
・FUJIFILM NATURA NS
・VOIGTLANDER BESSA R2A
・SEAGULL 4A-107

◎自転車
・ARAYA RANDONNEUR RAN
・DAHON BOARDWALK

ご意見や、撮らせていただいた写真のデータちょうだいとかございましたらメールください。
goldhill_mino@yahoo.co.jp

カウンター