FC2ブログ

11月8日420日目「鉄のつながり」岩手県・水沢

青森ー大阪 (15)


盛岡から南下してきて、水沢という街にたどり着いた。水沢にはライダーハウスがあるようなので今日はそこに泊まろうと思う。

そのライダーハウスまでの道を確認するべく歩道で地図を見ていると、男性が僕に話しかけてきた。見上げるとファッショナブルでイケてる感じのお兄さんだった。そのお兄さん・ヨシツグさんは以前、僕のような旅人と関わったことがあるらしく、声をかけてくれたそう。話したいからご飯食べにいこうとなった。一旦ヨシツグさんと別れ、ライダーハウスばるかんへ移動。ライハに荷物を預け、迎えにきてくれたヨシツグさんと車で焼き鳥屋さんへ。ヨシツグさんの他に、仕事仲間の石川さんと、友達のカイト君の2人もかけつけ、4人で色々お話させていただいた。自分の旅のよもやま話に始まり、途中からはヨシツグさん達の熱き仕事論に移り、色々クリエイティヴな考えを持っている人達で、聞いているだけでとても刺激になる。

ちなみにカイト君の実家は、岩手の伝統産業「南部鉄器」の工場らしく、僕はものづくりの世界にも興味があるので、工場を見学させてもらえることになったのだ、これは凄い出会いだ。

翌日、カイト君の実家の工場、(株)及富へ。突然のことにもかかわらず、社長でもあるカイト君のお父さんが色々と解説をしてくれる。見学は2日に渡った。1日目は型から取り出した製品を研磨する機械や塗装の工程を。2日目は鉄を溶かして型に流し込む作業を見せていただいた。この鉄を溶かしたりの作業がとても迫力満点。あの固い鉄がトロトロの赤い液体状に溶けている、その温度は1400℃にも達しているそうだ。炉からは火花が激しく飛び散る場面もあり、従業員のみなさんがチームワークよく作業をこなすその光景はまさに「男の世界」であった。

青森ー大阪 (17)

青森ー大阪 (18)

青森ー大阪 (19)

青森ー大阪 (20)

青森ー大阪 (21)


ちなみに1日目の時に、ヨシツグさんが新聞記者の方を呼んでくださり、見学中なぜか僕が色々とインタビューに答え、翌日の地元の新聞に、
「日本一周中の青年(刃物産地・堺市出身)が水沢の南部鉄器の工場を見学。鉄製品をめぐる“草の根交流”を楽しんだ。」
と掲載されました。インタビュー中に「そういや僕の街(堺市)は包丁が有名やから鉄同士でつながってますねー。」と何気なく言ったのが、記者の人にウケたらしくそんなことが書いておりました。

貴重なものを見せていただき、ヨシツグさん、石川さん、カイト君、社長さん、及富のみなさんに感謝なのでありました。

ちなみに記事の最後にはこうかかれてある。
「青年は奥州市を離れると、南下して年内に大阪に帰る予定だという。」

自分でそう言ったんやろうけど、年内に帰れるやろか。

青森ー大阪 (16)
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kaerusound.blog.fc2.com/tb.php/73-a46aecd8

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

アマガエル♪

Author:アマガエル♪
自転車に乗って、旅して、撮る。

自称「自転車カメラニスト」のアマガエルです。

旅と日常を写真と、時々文章とともに綴ります。

◎カメラ
・OLYMPUS OM-1
・OLYMPUS E-5
・OLYMPUS E-620
・FUJIFILM NATURA NS
・VOIGTLANDER BESSA R2A
・SEAGULL 4A-107

◎自転車
・ARAYA RANDONNEUR RAN
・DAHON BOARDWALK

ご意見や、撮らせていただいた写真のデータちょうだいとかございましたらメールください。
goldhill_mino@yahoo.co.jp

カウンター