FC2ブログ

11月下旬「Let’s居候。友達の家はしご旅」東京、埼玉

青森ー大阪 (25)


岩手を出ると、国道を中心にひたすら南下、この間ではあまり出会いがなく、淡々と走り続けた。宮城、福島、茨城、千葉を走って、ある時大きな川にかかる橋を渡る際、向こうの方に話題のあるものが見えた。スカイツリーだ。川を渡ると「東京都」の県境の看板が現れた。やった!!ついに東京に来た。青森を出てからまずは東京を目指してずっと走ってきたのでとても感慨深かった。とりあえず本格的に冬になってもこれから走る所は大阪と同じくらいの寒さだろうから少しは安心な気がする(そうか?)。

東京はまず葛飾区の柴又に入った。おお、柴又といえば寅さんの街やんか。旅に出るまで「男はつらいよ」を見たことがなくて、沖縄のおじさんの家で初めて見て、こんなに面白いものを今まで見ていなかったとは!とショックを受けたもんだ。ちなみに沖縄のおじさんんの家でこれまた初めて「水戸黄門」体験をして、思ったより面白くて毎週けっこう楽しみにしておりました。

青森ー大阪 (24)


そんな寅さんの街、柴又の近くに北海道で一緒に走った大学生チャリダーの英ちゃんが住んでいるので久々に再会し、ついでに家に泊めてもらえることになった。もう1泊させてもらえることとなり、翌日英ちゃんは用事があるらしく、僕一人で電車と歩きで東京下町散歩へ。向島あたりの下町をブラブラと歩いて喫茶店で珈琲飲んで、そのまま歩いて押上のスカイツリーの根元まで歩く。見物客もけっこういた、当時は建設中で497メートルであった。夕方に再び電車に乗って移動、しかし東京はどこの駅も人が多く街が栄えていて凄い。大阪の人間がこういうんやからホンマに。すっかりこの旅で銭湯好きになっていた僕が是非行きたかった「三助」さんがいてる銭湯へ。「三助」さん、風呂場で背中を流してくれる人のことですね、今はだいぶそういう人はいなくなったそう。番台で銭湯の料金と別の料金を払って、木で出来た手形を渡される。その手形を流し台の所においておくと、やがて「三助」さんがやって来て、僕の背中をガッシガッシと洗い流す。そしてその後は背中や肩の指圧。ははあ、なんか貴重な体験で面白かったー。
英ちゃんの家には結局3泊させてもらった、ホントにサンキュー!

青森ー大阪 (27)


続きまして、同じく北海道で一緒に走ったコブの家へ。江東区にある彼の実家は伝統工芸「江戸切子」を代々営んでいて、是非見せて欲しいと北海道にいるころから頼んでいた。江戸切子はカットグラスというと分かりやすいかもしれないが、精巧な模様を切り込んだグラスやお皿などのガラス製品である。グラス一つでも手作業で切れ込みを入れていくため、ものすごく手間がかかる。その切り込みはおそろしく精巧で細部にまで到り、機械では不可能な領域なのかもしれない、日本人の技術と美意識がつまったガラスの結晶がこの江戸切子というものかもしれない。

コブとの久々の再会を祝して一献、切子のグラスで日本酒を飲ませてもらい、こんなイイグラスを使わせてもらって恐れ多いけど、このグラスで飲むとお酒がとても美味しく感じられる気がするのだ。コブもまた職人として修業中で、色々模索しながらやっているそうだ、単純な感想かもしれないが同年代ながらその道を極めていく姿勢、凄いなと思う。ちなみにコブの家で1泊させてもらえることになったが、家の人が「うちの家は狭くてねー」とおっしゃっていたので、「大丈夫っす!床で寝ますんで。」と事務所の床にダンボールをしいて寝袋で寝かせてもらった。寒い外でテント泊するのに比べたら床でさえもホテルにでも泊まっている嬉しさだ、ホントに。しかし大丈夫かオレ(笑)切子のグラスを一つ買わせていただいて、大阪の家に送った。時々これでお酒を飲んでいます。サンキューコブ!

青森ー大阪 (26)


ネクスト、今度は大阪で一緒に働いていた先輩が東京で働いているというので再会することになった。お家の社宅は埼玉にある。1泊目、「お前、臭すぎるぞ!!」と言われ、シャワーを浴びる。この先輩はハッキリものを言うタイプですが、そんな臭いのやろか?今まではみんな黙っただけか。今までどれだけ匂いを発してきたのかこわいわ(笑)

翌日、仕事の先輩とは別行動で古本屋の多い神保町あたりをブラブラしてから仕事終わりの先輩と秋葉原で合流してアニメ系の本屋になぞ入ってみる。僕はちなみにアニメといえばルパン三世くらいしか見ませんです。先輩の家には2泊させてもらう、サンクスです!

さて次は、と。(まだまだ行きまっせ笑)西へと進み、国立に住むスワちゃんに会いにいく、スワちゃんも北海道で一緒に旅した仲である。

スワちゃん宅には3泊させていただきました。スワちゃんが学校休みの時は国立を散歩したり、電車に乗ってオシャレイな若者がたくさんいる吉祥寺を歩いてみたり。晩秋の東京を二人で歩くのはオダギリジョーと三浦友和主演の映画「転々」のようだ。スワちゃんの作るパンの朝食が男にしてはとても手がこんでいて旨い。お返しにと、スワちゃんが学校に行ってる間、ハヤシライスや鍋を作って主人の帰りを待っていたり、新婚生活かっての(笑)ありがとうスワちゃん!!

青森ー大阪 (28)


はしご旅はまだ続く。長くなりそうなので今回はここまで(笑)

青森ー大阪 (23)
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kaerusound.blog.fc2.com/tb.php/74-fb68dccd

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

アマガエル♪

Author:アマガエル♪
自転車に乗って、旅して、撮る。

自称「自転車カメラニスト」のアマガエルです。

旅と日常を写真と、時々文章とともに綴ります。

◎カメラ
・OLYMPUS OM-1
・OLYMPUS E-5
・OLYMPUS E-620
・FUJIFILM NATURA NS
・VOIGTLANDER BESSA R2A
・SEAGULL 4A-107

◎自転車
・ARAYA RANDONNEUR RAN
・DAHON BOARDWALK

ご意見や、撮らせていただいた写真のデータちょうだいとかございましたらメールください。
goldhill_mino@yahoo.co.jp

カウンター