FC2ブログ

12月28日470日目「静寂の旅路」紀伊半島東側

青森ー大阪 (60)


紀伊半島の旅を続けている。思ったより時間がかかっているのは観光もかねて伊勢では2泊したし、志摩にはライダーハウスがあり、そこの居心地が良くてここでも2泊した、野菜たっぷりの朝ごはんもすこぶる美味しくて。旅の途中、世界一周中のフランス人ご夫婦と出会ったり、旅の知り合いとも2人再会したり、こんな寒い時期にも出会いが充実していた。ちなみにテント泊すると当然ながらアホほど寒い。寝る前は着込めばそうでもないけど、明け方はいつも寒さと格闘する日々。

青森ー大阪 (57)


四日市までは交通量も多かったが、志摩を出たころには落ち着き、道は本当に田舎になった。いや、イイんですよこの田舎な感じが。関東に入ってから最近までずっと交通量が多く、街の中を走ることが多かったので、この静けさがとても新鮮であり、こういう田舎道にこそ旅の醍醐味を感じる。その土地の、季節の空気感が敏感に感じられるのものんびりとしたペースで走る自転車旅だからこその魅力だと思う。冬の午後のオレンジ色に包まれた静寂の道を、僕は前へと進んでいく。

青森ー大阪 (59)


小さな街の広場でテント泊。朝起きてテントのジッパーを開けると、10メートルほど先に地元の子供たちが横に整列するように並んで、みんな僕の方を何も言わずじっと見ていた。一瞬不思議に思ったが、僕は彼らに向けて無言でペコリと首を降って挨拶をした。すると彼らも礼儀正しくペコリと挨拶して、それからは僕なんて最初からいなかったような感じでみんな広場で遊びだした。子供ってよく分からんなーと思いつつ、可愛くて可笑しかった。

しかし紀伊半島、思ったより坂が多いし、キツイ。1日中アップダウンと格闘する日もあり、まるであの苦しんだ伊豆の坂道を彷彿とさせるようだった。また紀伊半島の道を走っていると、海側の道でさえ常緑樹の生い茂る山の緑が圧倒的な迫力であたりにそびえ、僕の視界に大きく広がって、その光景は圧巻だった。

さて、もう年の暮れ。年越しはどこで過ごそうか?

青森ー大阪 (58)
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kaerusound.blog.fc2.com/tb.php/82-f72c53e3

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

アマガエル♪

Author:アマガエル♪
自転車に乗って、旅して、撮る。

自称「自転車カメラニスト」のアマガエルです。

旅と日常を写真と、時々文章とともに綴ります。

◎カメラ
・OLYMPUS OM-1
・OLYMPUS E-5
・OLYMPUS E-620
・FUJIFILM NATURA NS
・VOIGTLANDER BESSA R2A
・SEAGULL 4A-107

◎自転車
・ARAYA RANDONNEUR RAN
・DAHON BOARDWALK

ご意見や、撮らせていただいた写真のデータちょうだいとかございましたらメールください。
goldhill_mino@yahoo.co.jp

カウンター